シリーズ「傑物たちの生と死の真実」 第2回

ヒトラーはパーキンソン病だった!? 誇大妄想や強い興奮状態は覚醒剤依存!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Adolf002.jpg

パーキンソン病で覚醒剤依存だった!?GongTo / Shutterstock.com

 俳優の高知東生が、妻で女優の高島礼子の父が患うパーキンソン病の介護のため、秋にも芸能界を引退することがわかったが、パーキンソン病とはどんな症状が出るのだろうか? 時代は遡ってあのヒトラーがパーキンソン病だったのではとの見方がある。

 1945年7月中旬、アメリカ軍はウィリアム・F・ハインリッヒ陸軍情報部大佐をリーダーとするヒトラー捜索の調査チームをベルリンに派遣する。爆撃で被弾した穴を掘削調査するが、死体焼却の痕跡はない。AH(アドルフ・ヒトラー)のイニシャル入りの帽子とEB(エバ・ブラウン)のイニシャル入りのパンティだけを発見された。また、地下壕のヒトラーとエバが倒れていたソファに付着した血痕の血液型は不一致。ピストルの弾痕も発見できなかった。

 1946年10月17日付けの「ニューヨーク・タイムズ」紙は、「ソ連が発見したヒトラーの焼死体はニセ物だ。ヒトラーの死には何ら確実な証拠がない。世界中のいかなる保険会社でも保険金は下りないだろう。ヒトラーは生きている」というハインリッヒ大佐の衝撃的なコメントを掲載する。ちなみに、同時に発見されたエバとみられる女性の死体は、検視の結果、本人でないと確認。エバの死体の所在も不明のままだ。

 ヒトラー逃亡説を裏づける証言情報がある。ベルリン陥落の1945年4月30日午後4時15分。ベルリンに近いテンペルホフ空港に、兵士らを満載した飛行機が着陸。搭乗していた通信兵と砲兵は、燃料補給を待つ間、およそ100m離れた場所にヒトラーが立っているのを目撃。グレーの制服に身を包んだヒトラーは、見送りに来た数人の親衛隊の高官らと話を交わしていたという。4時30分頃、ヒトラーを乗せた飛行機が離陸。2人は、その夜の軍事ニュースでヒトラーの死を知り驚く。3時30分にヒトラーが自殺したとは知らない。終戦後、2人は、連合軍の調査に応じ、4時30分頃、テンペルホフ空港にいたのはヒトラー本人だったと主張した。

 1947年10月6日付の「ニューヨーク・タイムズ」紙は、ヒトラーは飛行機でデンマークに渡ったと報道。1948年1月16日付のチリの「ジグザグ」紙は、ドイツ空軍のキャプテンのピーター・ボムガードがヒトラーとエバ・ブラウンをテンペルホフ空港からナチス支配下のデンマークのトンダーまで脱出させたと報道。別の飛行機に乗り換え、ノルウェーのクリスチャンサンへ飛び、ドイツのUボート艦隊と合流したと報じた。1968年「ポリス・ギャゼット」紙は、「ヒトラーはアルゼンチンで生きている。飛行機でベルリンを脱出後、あらかじめ用意したUボートに乗り換えて逃亡した」という記事を掲載。記事よれば、1945年7月19日早朝、コロンビアのバイア・ホンダに上陸したヒトラーら6人は、現地でインディアン4人とドイツ人エージェント2人と合流。馬に乗り夜間にジャングルを移動。6日後にラ・ロマに到着。仮設の滑走路と2機の軽便機が待機していた。ヒトラーは3万ドルの入りのスーツケースを抱えたまま、あらかじめ用意されていた隠れ家へ向かったという。
 
 連合軍総司令官で元アメリカ大統領のドワイト・デヴィッド・アイゼンハワーは、「ヒトラーの死を証明する確証は何もない。多くの人が言うように、ヒトラーはベルリンから逃亡した。誰も反証を挙げられない」と語った。

 5000万人もの犠牲者を出した悲惨な第二次世界大戦を完全に終結させるための絶対条件、それはヒトラーの死だった。ソ連軍、連合軍だけでなく、世界中がヒトラーの死を待望した。ヒトラーは自殺せずに、ベルリンから国外へ逃亡したのだろうか?

ヒトラーはパーキンソン病だったのか?

若年性更年期障害を発症しても妊娠できる!? 大切なのは卵巣機能低下の予防法を知ること
インタビュー「若年性更年期障害」第3回 ポートサイド女性総合クリニック「ビバリータ」院長・清水なほみ医師

第1回:まさか20〜30代で更年期障害!?
第2回:20〜30代の「更年期障害」の治療法は?
更年期障害といえば40代後半から50代の病気と思われがちだが、20〜30代で同様の症状が現れる「若年性更年期障害」の患者も増えている。

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫