連載「死の真実が“生”を処方する」第8回

死体にわく虫で死因を解明?犯罪捜査に用いられる「法医昆虫学」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
死体にわく虫で死因を解明?犯罪捜査に用いられる「法医昆虫学」とは?の画像1

変死体に群がる虫から死後の経過時間がわかるshutterstock.com

 現在、日本の年間死亡者数は約120万人です。その多くは病院などで最期を迎えますが、事件や事故、さらには原因がわからず、野外で死亡することもあります。

 そして警察では、犯罪死体に対しては刑事訴訟法上の「検証」を、変死体や変死の疑いがある死体には刑事訴訟法上の「検視」を、非犯罪死体には死体取扱規則に基づいた「見分」を行っています。いずれにせよ、死体を細かく観察し、損傷箇所はどこか、損傷はなぜ生じたか、死後どの程度の時間を経ているかなどを調べます。

 身元も死因もわからぬ変死体が発見され、もしそこに「虫」がたかっていたら......。犯罪捜査には、昆虫の習性が役に立ちます。ハエやウジ虫、甲虫類など、遺体に寄ってくる虫で死後の経過時間の見当がつくからです。つまり、「虫」が貴重な証拠となるのです。今回は昆虫と法医学、鑑識科学の関係について紹介しよう。

凶器の鎌にハエが!

 これは13世紀に中国の役人が記した書物に記載されていた話です――。

 ある村で殺人事件が起きました。被害者は鎌のようなもので何度も切りつけられていました。懸命な捜査にもかかわらず、目撃者や凶器も発見されませんでした。事件は迷宮入りかと思われた、そんなある日、村の裁判官が、すべての村人に、自分の鎌を持って集まるように命じました。すると、ある1つの鎌だけに、ハエがたかっていたのです。鎌をよく調べると、わずかな血痕と細かい組織片が見つかりました。鎌の持ち主は罪を自白し、事件は解決されたのです。

 このように、犯罪捜査に昆虫が証拠として利用されることは古くからあります。

大切なのは死後の経過時間を明らかにすること

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫