連載「死の真実が“生”を処方する」第8回

死体にわく虫で死因を解明?犯罪捜査に用いられる「法医昆虫学」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
死体にわく虫で死因を解明?犯罪捜査に用いられる「法医昆虫学」とは?の画像1

変死体に群がる虫から死後の経過時間がわかるshutterstock.com

 現在、日本の年間死亡者数は約120万人です。その多くは病院などで最期を迎えますが、事件や事故、さらには原因がわからず、野外で死亡することもあります。

 そして警察では、犯罪死体に対しては刑事訴訟法上の「検証」を、変死体や変死の疑いがある死体には刑事訴訟法上の「検視」を、非犯罪死体には死体取扱規則に基づいた「見分」を行っています。いずれにせよ、死体を細かく観察し、損傷箇所はどこか、損傷はなぜ生じたか、死後どの程度の時間を経ているかなどを調べます。

 身元も死因もわからぬ変死体が発見され、もしそこに「虫」がたかっていたら......。犯罪捜査には、昆虫の習性が役に立ちます。ハエやウジ虫、甲虫類など、遺体に寄ってくる虫で死後の経過時間の見当がつくからです。つまり、「虫」が貴重な証拠となるのです。今回は昆虫と法医学、鑑識科学の関係について紹介しよう。

凶器の鎌にハエが!

 これは13世紀に中国の役人が記した書物に記載されていた話です――。

 ある村で殺人事件が起きました。被害者は鎌のようなもので何度も切りつけられていました。懸命な捜査にもかかわらず、目撃者や凶器も発見されませんでした。事件は迷宮入りかと思われた、そんなある日、村の裁判官が、すべての村人に、自分の鎌を持って集まるように命じました。すると、ある1つの鎌だけに、ハエがたかっていたのです。鎌をよく調べると、わずかな血痕と細かい組織片が見つかりました。鎌の持ち主は罪を自白し、事件は解決されたのです。

 このように、犯罪捜査に昆虫が証拠として利用されることは古くからあります。

大切なのは死後の経過時間を明らかにすること

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆