連載第3回 沸騰するアジア医療圏

世界レベルの医療機関に発展した韓国のサムスン医療院の野望

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
korea.jpg

医師と看護師など約6500名が勤務するサムスンソウル病院

 韓国の医療の特徴とは何であろうか? その特徴は「産業的」医療であるという点に尽きる。

 韓国政府は1980年代前半まで、経済成長を優先させ、その余った税金を社会保障にあてるという、いわば救済策のような政策しか講じてこなかった。1961年に公務員年金と生活保護、1963年に軍人年金といった制度が設けられているが、それは限定的なものであり、政権の正当性のために実施される、という範囲にとどまっていたのである。

 韓国の公的医療保険制度が本格的に実施されたのは1977年、従業員500人以上の事業所の勤労者とその扶養家族を対象とした「職場医療保険」からである。1987年に軍事政権が終わり、その後、民主化プロセスが進むと、1988年に自営業者、1989年に非都市住民が制度の対象となって、国民皆保険が達成された。

 しかし、国民皆保険制度といっても金銭的な制約があり、対象となる医療に対するカバー率は低い。日本の公的皆保険のカバー率に比べれば3分の2から半分くらいではないかとも言われている。そのため、日本では禁止されている、保険診療と自由診療を混合する混合診療も認められている。

産業的医療の代表例ともいえる財閥系の病院

 韓国にはいくつか財閥があるが、その最大規模を誇るサムスン電子は、2010年の売上高が韓国GDPの22%、株式時価総額は韓国株式市場の25%、韓国輸出額の24%を占め、資産は韓国国富の3分の1に迫る。フォーチュン・グローバル500による格付けでは、世界企業ランキング20位(2012年)という巨大企業だ。韓国製品といえば、かつては粗悪なイメージがあったが、それを払しょくして躍進を続けている。

 この会社が、次なるターゲットに選んだのが医療だ。CT、MRIなど目立った医療機器はまだ手がけていないが、バイオ医薬も含め医療分野に注力していくと宣言している。その実験場ともいえるのが「サムスン医療院(三星医療院)」である。

 サムスン医療院は、生命尊重の精神を基に、最高の診療・教育・研究を実践し、人類の健康、人材育成、医学の発展に貢献するという目的を持って設立された、いくつかの医療施設や研究施設を擁する総合医療機関である。

 1982年5月、サムスン生命公益財団が創業され、1994年11月、1100病床を持つ「サムスンソウル病院」が開院。現在では、地上20階、地下5階のビルを持ち、1951ベッドと40の診療科、8つの専門医療センターと110余りの特殊クリニックから構成され、1200余名の医師と2000名の看護師を含む約6500名が勤務する第三次医療機関である(データは同病院のHPを参照)。

 また、2008年には、地上11階、地下8階、652ベッド、20の手術室を擁するサムスンがんセンターのオープン。単一建物としてはアジア最大のがん専門治療センターで、がん患者のための包括的な治療を実現しようとしている。

 診療の質はもちろん、規模の面でも世界的なレベルの医療機関に発展したサムスン医療院。次回にはこの病院の海外戦略について述べよう。


new_mano20141028.jpg

真野俊樹


真野俊樹(まのとしき)
多摩大学大学院教授
医療・介護ソリューション研究所所長

名古屋大学医学部卒業。医師、医学博士、経済学博士、MBA。
臨床医を経て、95年9月コーネル大学医学部研究員。外資系製薬企業、国内製薬企業のマネジメントに携わる。同時に英国レスター大学大学院でMBA取得。2005年6月多摩大学医療リスクマネジメント研究所教授就任、その後現職。東京医療保健大学大学院客員教授、財団法人医療機器センター客員研究員、JA共済総研客員研究員、JCI アジアパシフィックエリアアドバイザリーボード、篠原学園保育医療情報専門学校校長、NPOMINS理事長、NPOメディカルユニティ理事長、一般社団法人メディカルクオリティアカデミー理事長などを兼任。

主な著書『MBA10人の選択』(はる書房)、『糖尿病療養指導基本トレーニング』(日本医学出版)、『健康マーケティング』『医療マーケティング』『医療マネジメント』『介護マーケティング』『新版 医療マーケティング』(以上 日本評論社)、『医療バイオ、医療IT入門』(薬事日報社)、『入門医療経済学』『入門医療政策』(中公新書)、『保険薬局経営読本』(薬事日報社:編著)、『医療経済学で読み解く医療のモンダイ』(医学書院)、『人事・管理職のためのメンタルヘルスマネジメント』(ダイヤモンド社)、『グローバル化する医療』(岩波書店)、『ジョイントコミッションインターナショナル認定入門』『世界標準のトヨタ流病院経営』(以上 薬事日報社、監訳)、『経営学の視点から考える患者さんの満足度UP』(南山堂)、『医療が日本の主力商品になる』(ディスカバー携書)、『比較医療政策』(ミネルバ書房)、『命の値段はいくらなのか?』(角川Oneテーマ新書)など。
連載「沸騰するアジア医療圏」バックナンバー

真野俊樹(まの・としき)

多摩大学大学院教授。 医療・介護ソリューション研究所所長。名古屋大学医学部卒業。医師、医学博士、経済学博士、MBA。
臨床医を経て、95年9月コーネル大学医学部研究員。外資系製薬企業、国内製薬企業のマネジメントに携わる。同時に英国レスター大学大学院でMBA取得。2005年6月多摩大学医療リスクマネジメント研究所教授就任、その後現職。東京医療保健大学大学院客員教授、財団法人医療機器センター客員研究員、JA共済総研客員研究員、JCI アジアパシフィックエリアアドバイザリーボード、篠原学園保育医療情報専門学校校長、NPOMINS理事長、NPOメディカルユニティ理事長、一般社団法人メディカルクオリティアカデミー理事長などを兼任。主な著書『MBA10人の選択』(はる書房)、『糖尿病療養指導基本トレーニング』(日本医学出版)、『健康マーケティング』『医療マーケティング』『医療マネジメント』『介護マーケティング』『新版 医療マーケティング』(以上 日本評論社)、『医療バイオ、医療IT入門』(薬事日報社)、『入門医療経済学』『入門医療政策』(中公新書)、『保険薬局経営読本』(薬事日報社:編著)、『医療経済学で読み解く医療のモンダイ』(医学書院)、『人事・管理職のためのメンタルヘルスマネジメント』(ダイヤモンド社)、『グローバル化する医療』(岩波書店)、『ジョイントコミッションインターナショナル認定入門』『世界標準のトヨタ流病院経営』(以上 薬事日報社、監訳)、『経営学の視点から考える患者さんの満足度UP』(南山堂)、『医療が日本の主力商品になる』(ディスカバー携書)、『比較医療政策』(ミネルバ書房)、『命の値段はいくらなのか?』(角川Oneテーマ新書)など。

真野俊樹の記事一覧

真野俊樹
20〜30代の「更年期障害」の治療法は?  女性ホルモン(エストロゲン)や漢方薬はどう使うのか?
インタビュー「若年性更年期障害」第2回 ポートサイド女性総合クリニック「ビバリータ」院長・清水なほみ医師

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛

東京慈恵会医科大学眼科学講座准教授1986年東…

高橋現一郎

"1988年 東京大学医学部卒業。1992年東京…

後藤利夫