「2014年12月」の記事一覧

がん経験者でも加入できる「がん保険」のメリットとデメリットとは?「限定告知型保険」と「無選択型保険」の違い

がんにかかったことがある人でも加入できる保険は増えている。とはいうが、どの保険に入るか、やはり加入前の相談や研究は必要だ。持病があっても入れる可能性が高い「限定告知型保険」、告知や医師の診査がなく誰でも入れる「無選択型保険」、それぞれのメリット・デメリットがあるので注意したい。…続きを読む

がん経験者でも加入できる「がん保険」のメリットとデメリットとは?「限定告知型保険」と「無選択型保険」の違い

がんに低侵襲の新しい治療方法 国内最大規模のIVRセンターがオープン

「IVR」----このアルファベット3字の略語に医学界の注目が集まっている。正確な英単語は「InterVentional Radiology:インターベンショナル・ラジオロジー」。日本では「放射線診断技術の治験的応用」と訳されたり、[血管内治療]や[血管内手術]「画像下治…続きを読む

がんに低侵襲の新しい治療方法 国内最大規模のIVRセンターがオープン

実録 危険ドラッグ 意識が朦朧としたまま車を運転し、河川敷で脱輪状態になった男は、、、。

30歳代の無職の男性が、夜間、札幌市内をもうろう状態で30分以上運転し、河川敷で脱輪状態になり通行人に発見された。会話はできなかった。通行人が救急車を要請し、夜の10時45分に当院に搬送された。目立った外傷はなく、意識は混濁していた。体温36.1度、血圧、脈拍正常。頭胸腹部…続きを読む

実録 危険ドラッグ 意識が朦朧としたまま車を運転し、河川敷で脱輪状態になった男は、、、。
インプラント治療で失敗しないために良心的な歯科医を見分けるポイント
インタビュー「インプラントトラブルの実態」後編:日本橋インプラントセンター所長・玉木仁氏

前編『インプラント治療のトラブルの実態〜原因の多くは価格破壊と勉強不足』

不幸にして歯が抜けてしまった場合の治療法として広まってきた「インプラント」。しかし、1本40~60万円と、決して安くはないわりに、インプラントはトラブルの話も多い。そこで今回は、「日本橋インプラントセンター」の玉木仁所長に良心的な歯科医を見分けるポイントを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太