「2014年12月」の記事一覧

がん経験者でも加入できる「がん保険」のメリットとデメリットとは?「限定告知型保険」と「無選択型保険」の違い

がんにかかったことがある人でも加入できる保険は増えている。とはいうが、どの保険に入るか、やはり加入前の相談や研究は必要だ。持病があっても入れる可能性が高い「限定告知型保険」、告知や医師の診査がなく誰でも入れる「無選択型保険」、それぞれのメリット・デメリットがあるので注意したい。…続きを読む

がん経験者でも加入できる「がん保険」のメリットとデメリットとは?「限定告知型保険」と「無選択型保険」の違い

がんに低侵襲の新しい治療方法 国内最大規模のIVRセンターがオープン

「IVR」----このアルファベット3字の略語に医学界の注目が集まっている。正確な英単語は「InterVentional Radiology:インターベンショナル・ラジオロジー」。日本では「放射線診断技術の治験的応用」と訳されたり、[血管内治療]や[血管内手術]「画像下治…続きを読む

がんに低侵襲の新しい治療方法 国内最大規模のIVRセンターがオープン

実録 危険ドラッグ 意識が朦朧としたまま車を運転し、河川敷で脱輪状態になった男は、、、。

30歳代の無職の男性が、夜間、札幌市内をもうろう状態で30分以上運転し、河川敷で脱輪状態になり通行人に発見された。会話はできなかった。通行人が救急車を要請し、夜の10時45分に当院に搬送された。目立った外傷はなく、意識は混濁していた。体温36.1度、血圧、脈拍正常。頭胸腹部…続きを読む

実録 危険ドラッグ 意識が朦朧としたまま車を運転し、河川敷で脱輪状態になった男は、、、。
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆