「2014年12月」の記事一覧

がん経験者でも加入できる「がん保険」のメリットとデメリットとは?「限定告知型保険」と「無選択型保険」の違い

がんにかかったことがある人でも加入できる保険は増えている。とはいうが、どの保険に入るか、やはり加入前の相談や研究は必要だ。持病があっても入れる可能性が高い「限定告知型保険」、告知や医師の診査がなく誰でも入れる「無選択型保険」、それぞれのメリット・デメリットがあるので注意したい。…続きを読む

がん経験者でも加入できる「がん保険」のメリットとデメリットとは?「限定告知型保険」と「無選択型保険」の違い

がんに低侵襲の新しい治療方法 国内最大規模のIVRセンターがオープン

「IVR」----このアルファベット3字の略語に医学界の注目が集まっている。正確な英単語は「InterVentional Radiology:インターベンショナル・ラジオロジー」。日本では「放射線診断技術の治験的応用」と訳されたり、[血管内治療]や[血管内手術]「画像下治…続きを読む

がんに低侵襲の新しい治療方法 国内最大規模のIVRセンターがオープン

実録 危険ドラッグ 意識が朦朧としたまま車を運転し、河川敷で脱輪状態になった男は、、、。

30歳代の無職の男性が、夜間、札幌市内をもうろう状態で30分以上運転し、河川敷で脱輪状態になり通行人に発見された。会話はできなかった。通行人が救急車を要請し、夜の10時45分に当院に搬送された。目立った外傷はなく、意識は混濁していた。体温36.1度、血圧、脈拍正常。頭胸腹部…続きを読む

実録 危険ドラッグ 意識が朦朧としたまま車を運転し、河川敷で脱輪状態になった男は、、、。
がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真