「2014年12月」の記事一覧

片付けられない、仕事ができない......。「ダメな自分」は、大人のADHDが原因かも?

部屋が片付けられない、約束を忘れる、仕事に集中できない、しなければいけないことがあるのについ別の事を始めてしまう......。もしかするとあなたも、こんな自分の性格に悩み、自己嫌悪してはいないだろうか? 実は近年、こうした行動の傾向は単に性格的なものばかりではなく、脳…続きを読む

片付けられない、仕事ができない......。「ダメな自分」は、大人のADHDが原因かも?

脳卒中やくも膜下出血は冬晴れの日に多い!? 冬の気象病、先手を打ってシャットアウト

「寒くなると古傷が痛む」「雨模様になると片頭痛がする」。気象や季節の変わり目に体調が悪くなる人は少なくない。気温や気圧、湿度など急激な変化で起こる病気が「気象病」だ。多くの人が経験しているが、あまり馴染みのない名称ではないだろうか? さらに、気象が生体に及ぼす影響を研究する「…続きを読む

脳卒中やくも膜下出血は冬晴れの日に多い!?  冬の気象病、先手を打ってシャットアウト

介護の担い手、70年代の『恍惚の人』では長男の嫁、 現代は夫や息子に

日本で初めて全国規模での介護調査「寝たきり老人実態調査」が行われたのは、1968(昭和43)年のことだ。公害や都市問題など高度経済成長の矛盾が吹き出し、家族の内部に深く沈殿していた育児や介護の問題がようやく社会化しつつあった時期だ。 調査によると、寝たきりなどの被介護者…続きを読む

介護の担い手、70年代の『恍惚の人』では長男の嫁、 現代は夫や息子に
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆