シリーズ「冬こそ注意したいちょっとした病気の兆し」第5回

冬に大流行のノロウイルス対策は? 危険なのは二枚貝だけでなく感染者の吐瀉物なども

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
31052-2.jpg

ノロウイルスは牡蠣などの二枚貝に(shutterstock.com)

 寒い冬は、家族の健康管理に気をつかう。子どものいる家庭は、特に感染症に注意が必要だ。インフルエンザや風邪など、子どもが罹りやすい感染症は少なくない。

 平成26年の厚労省の食中毒統計検査によれば、食中毒に罹った患者約1万7935人のうち、およそ7割がウイルス、2割が細菌で発症している。ウイルス性食中毒のほとんどはノロウイルスが原因だ。ノロウイルスは、感染力が強く、10~100個の微量のウイルスが口から入っただけで感染し、アウトブレイク(感染症の集団発生)に至るリスクを孕んでいる。

 ノロウイルスは、1968年にアメリカオハイオ州ノーウォークの小学校で集団発生した急性胃腸炎患者の糞便から検出され、2002年に国際ウイルス学会で、ノーウォークとウイルスを合成してノロウイルスと呼ばれるようになった。

 ノロウイルスは、カキ、アサリ、シジミ、ホタテなどの二枚貝を食べて感染することが多く、ヒトからヒトへ感染する。これらの二枚貝は、主食のプランクトンと一緒に海中に漂うノロウイルスを吸い込み、中腸腺という器官に蓄える。ヒトが二枚貝を食べると、ノロウイルスは体内で増殖した後、ヒトの糞便に混じって下水処理されて河川へ放出される。下水消毒では死滅せず、感染力を保ったまま海中で二枚貝に蓄えられ、ヒトが摂取してまた感染する。このサイクルが繰り返される。つまり、ノロウイルスは、ヒトの腸管内でしか増殖しない。

 ノロウイルスは、乾燥に強く、4℃でおよそ8週間、20℃でおよそ3~4週間も生存する。感染経路で最も多いのは、食中毒に感染したヒトの吐瀉物や糞便を媒介にして、ヒトからヒトへ感染するケースだ。吐瀉物の細かい飛沫が空気中を浮遊したり、床に落下したりして感染することも少なくない。つまり、カキなどの二枚貝を食べなくても、周囲に感染者がいなくても感染する恐れが十分ある。

手洗い、食品の加熱、吐瀉物や糞便は適切な処理を

「責任能力なし」の精神障害者が再び他害行為~治療によって退院3年後で1.8%に
インタビュー「重大な他害行為を行った精神障害者の治療」第2回 国立精神・神経医療研究センター病院・第2精神診療部長:平林直次医師

第1回「精神鑑定「責任能力なし」~重大な他害行為を行った精神障害者の治療病棟では……」
第2回「「責任能力なし」の精神障害者が再び他害行為~治療によって退院3年後で1.8%に」
重大な事件を犯しても「責任能力を問えない」と判断された精神障害者は、その後どのような処遇を受けているのだろうか? 他害行為を行なった精神障害者の治療を行うための医療観察法病棟が設けられている、国立精神・神経医療研究センター第2精神診療部長の平林直次医師に、あまり知られてない治療の実情について訊いた。

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆