シリーズ「子どもの心と体の不思議のサイエンス!」第16回

赤ちゃんは「だっこ」による身体のふれ合いでも認知能力を発達させる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
赤ちゃんは「だっこ」による身体のふれ合いでも認知能力を発達させるの画像1

左側に赤ちゃんを抱くことが多いのはなぜ?/shutterstock

 言葉は、赤ちゃんが初めて体験する世界と自分を確実につなぐ最高のコミュニケーション手段だ。家族と言葉を交わし合い、ふれ合いながら、赤ちゃんの話す能力は、どんどん育まれていく。

 だが、赤ちゃんとのふれ合いや通じ合いは、言葉だけでは不十分だ。生まれたばかりの乳児期の赤ちゃんは、添い寝、だっこ、おんぶを通してお母さんと身体コミュニケーションを深めていく。だっこされると、赤ちゃんはお母さんと視線を合わせたり、語りかけに耳を傾けている。赤ちゃんに添い寝して、寝かしつけているうちに、お母さんはいつの間にかウトウトしてしまう。このように無意識のうちに、行動のリズムの波長が合ってくる現象を「引き込み現象」と呼ぶ。

 たとえば、心拍のリズム。お母さんの心拍がゆっくりになると、それに釣られるように赤ちゃんの心拍も遅くなる。心拍と同じように、呼吸がゆっくりになると、赤ちゃんの呼吸も穏やかになって寝入ってしまう。これが、身体コミュニケーションによる「引き込み現象」だ。

だっこは赤ちゃんの特等席

 だっこをすると、赤ちゃんとお母さんの体はしっかりとふれ合い、お母さんの温かさ、柔らかさ、息づかいが赤ちゃんに安心感や一体感を感じさせる。だっこは、赤ちゃんに取っては、陽だまりの特等席だ。

 お母さんは、左側に赤ちゃんを抱くことが多い。なぜだろう? 人は危機に遭遇した時に、心臓のある左側をとっさに守ろうとする本能がある。赤ちゃんを左側に抱くのも、赤ちゃんを守ろうとする無意識の行動かもしれない。

 だっこの素晴らしさは、まだある。だっこをすると、赤ちゃんは、お母さんの表情がよく見える。声や息づかいだけでなく、アイコンタクトしながらお母さんを身近に感じることができる。

 首がすわってくれば、赤ちゃんは、周囲がよく見える縦のだっこやおんぶを喜ぶようになる。泣き止まない時に、だっこやおんぶの姿勢を変えるだけで泣き止むことがよくある。

 よく抱いてばかりいると、抱きぐせが付くと言うが、赤ちゃんに独立心が育てば、だっこもやがて卒業する。抱きたいだけ、だっこしてあげてほしい。だっこによるふれ合いは、赤ちゃんに安心感や信頼感を育みながら、認知能力や言葉の発達に大きな役割を果たしている。

 添い寝、だっこ、おんふは、最高の身体コミュニケーションだ!
(文=編集部)

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真