30~40代の男性は「ミドル脂臭」に気をつけろ! 夫の「体臭」が気になる妻が7割も

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
73284184-2.jpg

30~40代の男性に特有の「ミドル脂臭」とは?(shutterstock.com)

 妻から「空気みたいな存在」とか揶揄されているうちは、まだマシということだろうか。その空気が臭いだしたら「ストレスを感じる」、文字どおりの鼻つまみ者に降格してしまうという、酷夏直前の警報話である。

 妻の7割が「夫の臭い」を気にしている一方で、当の臭い源である夫の5割が「自身の臭い」を気にかけていない模様。その鈍感さがさらに妻のストレスを増幅させて……。そんな臭いをめぐる夫婦絵図が、ナリス化粧品(本社・大阪市)の約2000人調査で浮き彫りになった。

 調査は今年5月下旬にインターネット上で実施され、約2000人の回答者は20~50代のいずれも子持ちの既婚女性。複数回答形式で夫の臭いに関する質問を投げかけたところ、「気にならない」と応じた層は約3割、体臭や口臭などが「気になる」妻たちが約7割を占めたという。

 さらに後者のみを対象に抽出調査をしてみた結果、気にしている妻たちの約5割が「(夫自身は)知っているが気にしてはいない」様子とか「知らないし、気にしてもいない」との伴侶の無自覚ぶりを示唆。腐臭ならぬ夫臭に「ストレスを感じる」妻が約6割いた。

自覚なき臭いは夫婦仲まで左右する!?

 これが同僚女性も多い職場となれば、「スメハラ(smell harassment:和製英語)」扱いもされかねない現代社会。情報サイト「男のにおい総研」を展開するマンダムが昨年7月に公表した「男性の基本3体臭『汗臭』『ミドル脂臭』『加齢臭』に対する生活者の感受性調査報告」が、複雑かつ意外な臭い評価を物語っていた。

 基本3体臭と銘打たれても、「ミドル脂臭」なんて初耳、という方のために説明しておこう。これは件のミドル脂臭対策をうたう「ルシード」ブランドなどで知られる男性化粧品メーカーのマンダムが発見したもので、加齢臭とは似て非なる30~40代男性特有な臭いだ。

 20代までの単純な汗臭さや50代以降の加齢臭とも違い、「第3の臭い」とも呼ばれ、同社の研究によれば35~45歳のミドル世代が見舞われる厄介なスメルとか。この年代が人生で最も体臭地獄に襲われる時期とも解析され、「臭いの三重苦」の時期と専門家はいう。

 さて、25~54歳の働く男女183名を対象に行なわれた前掲の「感受性調査報告」は、3種の体臭別に「不快度」「容認度」を問うた。総じて男性よりも女性のほうが臭いを強く感じ、不快度が高く、容認度も低い、というあたりは想定内の結果だ。

 が、巷間の印象とはやや違い、意外な健闘ぶり(!?)を見せたのが「加齢臭」だ。同性評価はどうでもいいが、女性回答層からも「不快ではない」が72.5%、「許せる」も86.8%の評を得ているのは中年男性陣への朗報だろう。

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔