特集「なぜ特定の<男性>は痴漢に走るのか?」第2回

痴漢は「性的欲求」を満たすためではない~<男尊女卑的価値観>の支配欲求か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
真説! 痴漢は「性的欲求」を満たすためではない~<男尊女卑的価値観>の支配欲求か?の画像1

痴漢被害者の9割近くが泣き寝入り(depositphotos.com)

 はじめて社会病理学的視点から「痴漢」を解析した『男が痴漢になる理由』(イースト・プレス)

 本書を上梓した大森榎本クリニック(東京都)精神保健福祉部長の精神保健福祉士・社会福祉士の斉藤章佳氏に、痴漢の真相について訊く第2回目。

 今回は、そもそも、なぜ特定の男性が痴漢に走るのか――という根源的な疑問に迫る。

痴漢は「満員電車という異常な環境への性暴力を介した適応的行動」

 『男が痴漢になる理由』によれば、日本ほど公共交通機関で日常的に性暴力が発生している国は世界的に見ても珍しいという。日本にはこびる痴漢犯罪は、いつしか世界が知るようになり、「CHIKAN」といえば、外国でも通じることがあるまでになっている。

 ならば、痴漢という犯罪は日本人しか行なわないのか――。「そうではない」と斉藤氏は説明する。

 母国では<痴漢>という犯罪の存在自体を知らなかったのに、優秀な人材として来日し就職して満員電車で通勤するようになり、痴漢をするようになってしまう外国人も存在する。

 斉藤氏が言う――。「我々は痴漢も依存症のひとつとして捉えていますが、<依存症>というのは環境に対する適応的な行動のひとつでもある。『満員電車という異常な環境への性暴力を介した適応的行動』が痴漢であると考えることもできるのです」

 確かに朝のラッシュ時、乗車率が200%を超えることも珍しくない日本の満員電車は、異常なほどにストレスフルな場所である。200%ならなんとか雑誌が読めるが、250%になると手も動かせない状態のことをいう。

 だからといって、痴漢行為が許されることはありえない。いったい、どのような男性が痴漢を行為に至るのだろうか?

離島での事業継続と都市型のドミナント戦略の共存で急成長の訪問看護ST
インタビュー「訪問看護ステーション」後編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

前編『自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣』
訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営する河原峻氏に、今回は同社が進める離島での訪問看護事業、今後のビジョンなどについて話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛