特集「なぜ特定の<男性>は痴漢に走るのか?」第2回

痴漢は「性的欲求」を満たすためではない~<男尊女卑的価値観>の支配欲求か?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
真説! 痴漢は「性的欲求」を満たすためではない~<男尊女卑的価値観>の支配欲求か?の画像1

痴漢被害者の9割近くが泣き寝入り(depositphotos.com)

 はじめて社会病理学的視点から「痴漢」を解析した『男が痴漢になる理由』(イースト・プレス)

 本書を上梓した大森榎本クリニック(東京都)精神保健福祉部長の精神保健福祉士・社会福祉士の斉藤章佳氏に、痴漢の真相について訊く第2回目。

 今回は、そもそも、なぜ特定の男性が痴漢に走るのか――という根源的な疑問に迫る。

痴漢は「満員電車という異常な環境への性暴力を介した適応的行動」

 『男が痴漢になる理由』によれば、日本ほど公共交通機関で日常的に性暴力が発生している国は世界的に見ても珍しいという。日本にはこびる痴漢犯罪は、いつしか世界が知るようになり、「CHIKAN」といえば、外国でも通じることがあるまでになっている。

 ならば、痴漢という犯罪は日本人しか行なわないのか――。「そうではない」と斉藤氏は説明する。

 母国では<痴漢>という犯罪の存在自体を知らなかったのに、優秀な人材として来日し就職して満員電車で通勤するようになり、痴漢をするようになってしまう外国人も存在する。

 斉藤氏が言う――。「我々は痴漢も依存症のひとつとして捉えていますが、<依存症>というのは環境に対する適応的な行動のひとつでもある。『満員電車という異常な環境への性暴力を介した適応的行動』が痴漢であると考えることもできるのです」

 確かに朝のラッシュ時、乗車率が200%を超えることも珍しくない日本の満員電車は、異常なほどにストレスフルな場所である。200%ならなんとか雑誌が読めるが、250%になると手も動かせない状態のことをいう。

 だからといって、痴漢行為が許されることはありえない。いったい、どのような男性が痴漢を行為に至るのだろうか?

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇