「糖質制限」はダイエットだけでなく、アトピー、ニキビ、シミ、シワなど皮膚も健康に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
lowcarbskin1106.jpg

糖質制限はアトピーまで治す(depositphotos.com)

 「糖質制限」がダイエットや糖尿病治療で注目を浴び始めたのは10年ほど前だろうか――。今ではすっかり定着し、「糖質オフ」を売りにした商品も多い。

 糖質制限の波はさらなる広がりを見せている。皮膚科でも、アトピー性皮膚炎ニキビ、シミ、シワなどの改善に糖質制限が取り入れられているのだ。

 須階富士雄医師(芝皮フ科クリニック院長)は、皮膚科においては、「①糖化」「②エネルギー代謝」という、2つの観点で糖質制限を行ったほうがよいと語る。自ら3食とも徹底して「糖質を制限」をし、「すこぶる快調」とコメントする須階医師に、その効果を解説してもらおう。

体内の糖が慢性炎症を引き起こす

 私たちが摂取した糖質の量が多すぎると、血液中のグルコース(ブドウ糖)が過剰になる。そしてグルコースは細胞や組織のたんぱく質と結びつき、体温で温められて「糖化」が起こる。

 食パンをトーストしたときに、こんがりと焼ける。これも「糖化」だ。糖化した食パンはおいしいが、人間の皮膚のたんぱく質の糖化は問題を引き起こす。その代表が「シミ」「シワ」「くすみ」だ。

 さらに、須階医師は「糖化は『慢性炎症』を引き起こします」と指摘する。たんぱく質が糖化されて「AGEs」ができると「活性酸素」が発生する。活性酸素はむやみやたらに細胞を攻撃するので、炎症が起こりやすくなるのだ。

 炎症は「火事」にたとえられる。火がくすぶっていると、風が吹いただけで炎が上がり始め、火事になる。皮膚では、糖質の継続摂取で常に軽い炎症が起こっていて、ストレスや湿度の変化などですぐに悪化し、強いかゆみが発生するのだ。

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆