新入社員に多い「6月病」とは? 適応障害の場合は40%以上が5年後には「うつ病」に!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SeasonalAffectiveDisorder.jpg

6月に心の疲れやストレスが噴出......


 近年、「5月病」ならぬ「6月病」が増えている。「5月病」は、春の新生活が始まって1か月が経ち、心の疲れやストレスが、心身の不調となって現れるものだ。正式な病名ではないが、新入学の学生をはじめ、春に生活を心機一転した人によく見られ、その名が定着している。

 同じことが、6月に見られると「6月病」だ。「6月病」にかかると、次のような抑うつ状態を感じる。

○気持ちが沈み、やる気が起きない
○不安や焦りを感じる
○イライラする
○体がだるい
○よく眠れない
○ごはんがおいしくない

 「6月病」は、とくに会社の新入社員に増えているという。4月の研修期間を終え、5月から新しい部署に配属され、ようやく新生活に慣れるのが6月。そのあたりで、心の疲れやストレスが噴出するという。

 疲れやストレスを軽減させるための、規則正しい生活と十分な睡眠は、症状の緩和に役立つだろう。もし、生活にゆとりを持ち、心身ともリフレッシュできたとしたら、それは本当の、一時的な「6月病」だろう。

 ただし、専門家は「6月病」を、「適応障害」と見ることがある。つまり、新しい環境に適応できないことが原因だ。「適応障害」とは、ストレスが、情緒面や行動面に、大きな影響を及ぼす病気だ。情緒不安や神経過敏を引き起こしたり、無断欠勤・欠席や暴飲暴食、無謀運転を行ったり、体の緊張が高まってさまざまな不調が現れたりする。

 「うつ病」との違いは、会社が休みの日など、ストレスの少ない時は、憂うつ気分がラクになり、好きなことができるようになる点だ。「うつ病」だと、そうはいかない。常にやる気が起こらないし、何も楽しめない。

 とにかく「適応障害」の場合、多くの人には何でもない職場などの環境が、ある人にはストレスフルで、とてもつらく、耐えがたく感じられる。ストレスの原因がはっきりしているので、その原因から離れると、症状は次第に改善するはずだ。

深刻な病気に発展する6月病

 しかし、ストレスの原因を、そう簡単に断ち切れない事情もある。会社を辞める、生活を変える、こうした決断はたやすくできるものではない。まして、抑うつ症状が出ているときは、判断能力が低下し、大きな決断をしにくくなる。

 その場合、ストレスをいかに軽減させるか、がカギとなる。苦手な人には近づかないようにしてみたり、リフレッシュできることを積極的に取り入れてみたりと、できることは何でも試してみるとよい。

 また、自分自身のストレス耐性を高める方法もある。認知行動療法などの心理カウンセリングは、そのうちのひとつだ。

 早めに手を打たないと、ストレスが続くほど不調も続く。次第に深刻化し、リフレッシュで回復できるレベルではなくなる可能性もある。「適応障害」と診断された人のうち40%以上が、5年後には「うつ病」などに診断名が変わっている(厚生労働省調べ)という事実からも、いわゆる「6月病」を放置してはならない。

 「適応障害」の診断から、実は「発達障害」があることがわかった、というケースも少なくない。大人の発達障害の多くは、このように就労後に判明する場合が多い。ある程度、マイペースに生活できた学生時代と違い、職場はストレスでいっぱいの場所なのだ。

 さらに「6月病」には、ほかの問題が隠されていることがある。

 すっきりしない天気が続く季節とあって、「季節性感情障害(SAD=Seasonal Affective Disorder)」の、抑うつ症状が出ている場合がある。SADは別名「冬季うつ病」とも呼ばれ、たいてい秋から冬にかけて、気分の落ち込みが出る病気だが、梅雨や夏など、別の季節に起こす人もいるのだ。

 このように、要因も対応もさまざまな6月病。すぐ治る、と侮らず、正しい診断を受けるようにしよう。
(文=編集部)

部下や同僚が「うつ病」になったら? リワークのプログラムの提供施設は全国200以上に拡大
インタビュー「職場でのうつ病の再発を防ぐ」秋山剛医師(NTT東日本関東病院精神神経科部長)

第1回:「障害」が疑われる人の<うつ休職>
第2回:「新型うつ」はどう治す?
第3回:部下や同僚が「うつ病」になったら?
うつ病で休職中の社員が、毎日決まった時間に病院に通い、同じうつ病の仲間とともに再発を防ぐためのプログラムを受けることが「うつ病のリワーク」と呼ばれ注目を集めている。

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

こくらクリニック院長。1963年生まれ。1991…

渡辺信幸