インタビュー 生活を整えることから依存症の治療が始まる! 第3回 榎本クリニック 深間内文彦院長

うつの予防は幅広い視野と「雑談力」がカギに! "リワーク"の現状とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
communication.jpg

さまざまな人と共有できる"雑談力"が大事 Rawpixel/PIXTA(ピクスタ)

 東京都内に3つの分院を持ち、さまざまな依存症や高齢者、うつ病休職者、発達障害や高次脳機能障害などに対する医療を行う榎本クリニック。最大の特色は、入院せずに自宅から通い、日中をクリニックで過ごす「デイケア」にある。深間内文彦院長にインタビューを行なった。

 「最近の精神疾患は、精神医学の教科書にある典型的な幻覚妄想を伴う統合失調症は、少なくとも私どものクリニックでは減ってきています」

 「特に都会の場合は薬を飲みながら仕事もできていて、社会に適応できている人も増えています。さまざまな理由はありますが、病気への理解が進み、早期発見・早期治療が進んだことも大きな要因でしょう」

「眠れない、他人の視線が気になる、などで精神科を受診し、初期の統合失調症が明らかになるケースは増えている。大きな症状が出る前に治療できるようになったから。精神科クリニックの敷居が、昔に比べて低くなったのも一因ですね」

一方で、うつ病や躁うつ病(双極性障害)は増えているか、横ばいだという統計もあるとのこと。今後の精神科医療は、どのような病気が焦点になっているのだろうか。

 「まずは高齢者の問題。日中の居場所がないため、夜に眠れず、家族が疲弊してしまうという悪循環があるので、榎本クリニックでは日中高齢者をお預かりして、家族の負担を減らしています」

 そして、やはり依然として増え続けているのがうつ病だ。

 「うつも症状レベルでは昔より軽くなりました。しかし、一方で慢性化して治りにくい人が増えています。脳の機能不全が原因で起こるうつは、『内因性うつ』と呼びます。最近増えているのはそれではなく、『社会文化的うつ』と言われるものです

 「社会文化的うつとは、周囲の環境に流されやすかったり、パーソナリティーが未熟でなかなか周囲に溶け込めないといった背景があります。あまり抗うつ薬は効きませんが、認知行動療法や社会心理療法で効果の上がるケースが多くあります」

 うつが増える要因として、現代の職場環境のストレスの多さや、長時間労働も挙げられる。監視社会や慢性的な人手不足も原因だろう。一方で、同じ仕事をしてもうつになる人とならない人がいるのは、どのような違いがあるのだろうか。

 「誰でも早朝から終電間際まで働けば疲弊します。でも、同じストレスがかかっても、人それぞれ反応の仕方は違います。一般的に他人から"やらされてる"と感じることが強ければ、ストレスは何倍にも増えるでしょう。公務員や教職員など、比較的安定していると思われる職場にもうつが多いのはそのためかもしれません」

薬では変えられないコミュニケーション能力をいかに改善するか

 うつになりやすい人には、どのような特徴があるのだろうか。

 「いまの若い世代は子どものころから少子化です。同世代と深く交わった経験も乏しい。FacebookやLINEなど、顔の見えないコミュニケーションはできても、実際に人と向き合うと、どう話していいか分からないという人は増えています」

 「また、IT業界はうつの多い職種です。対人恐怖的な人が多いのは、職場にでも上司や同僚に直接相談できず、社内SNSが主流という風土が影響しているのかもしれません。そういう社会的な『いろは』、認識のズレに集団精神療法などのプログラムを通じて気づいてもらうのも、当クリニックが目指しているところです」

 「結局、精神科の薬は脳を眠らせたり、うつの症状改善はできたりしますが、コミュニケーション能力や生き方を変えてくれません」

 池袋の榎本クリニック本院にある「うつ・リワークサポートセンター」では、パソコンを用いた復職トレーニングや、対人能力をアップするグループワーク、集団認知行動療法、ヨガや軽スポーツなどが行われている。

 「行動変容がなければ、いくら職場を変えても同じ問題につきあたります。『うつリワーク』に通う人たちにも、生き方の工夫を身につけてもらいたい。自分の好きなことを仕事にするのは難しいことですが、たとえ嫌なことでもそこから逃げる、という短絡的な思考に陥らないトレーニングが大事なんです」

 「そのためには、仕事上のコミュニケーション能力だけでなく、自らの経験をさまざまな人と共有できる"雑談力"が大事なのでは。幅広い視野や興味と関心を持つことで、精神的なゆとりも広がります」

  リワークプログラムでは、なぜ休職に至ったのかを振り返り、自己分析することで自らの課題に気づくプロセスを大切にしている。企業内での外的要因は自分では変えようがないことが多い。しかし、内的要因は原因と対処方法を探ることができる。休養生活からスムーズに職場復帰するには、対人関係スキルの向上はとても大事なのだ。

深間内文彦院長インタビューバックナンバー(全4回)

深間内文彦(ふかまうち・ふみひこ)

榎本クリニック院長。医学博士。精神保健指定医、日本精神神経学会認定精神科専門医・指導医、日本医師会認定産業医、精神保健判定医、日本外来精神医療学会副理事長。東京医科歯科大学大学院研究科修了後、同大学難治疾患研究所准教授、国立大学法人筑波技術大学教授・保健管理センター長などを経て、2008年より医療法人社団榎本クリニック院長・理事、国立大学法人筑波技術大学名誉教授、日本女子大学カウンセリングセンター。主な著書に『かくれ躁うつ病が増えている』(岩橋和彦・榎本稔との共著、法研、2010)『うつ病リワークプログラムの続け方─スタッフのために』(うつ病リワーク研究会編、南山堂、2011)『「うつ」の捨て方─考え方を変えるために考える』(山下悠毅との共著、弘文堂、2014)ほか多数。

深間内文彦の記事一覧

深間内文彦
トップアスリートは実はインソールを愛用していた!パフォーマンス向上に貢献
インタビュー「インソールで健康増進&機能アップ」第3回 日本フットケアサービス㈱代表取締役社長 大平吉夫

足の形は普段履いている靴や生活習慣の影響を受けるが、顔と同じように、生まれつき決まっている部分も大きい。一人ひとりで異なる足の個性に合わせて靴を選び、インソール(靴の中敷き)を使うことで、日常生活を支障なく過ごせるだけでなく、自分の能力を最大限に発揮させることができそうだ。人の目にさらされる機会がほとんどない、地味な存在のインソールだが、実に多様な機能を発揮しているようだ。義肢装具士の大平吉夫さんに詳しく聞いた。
第1回「インソールで体調が改善、疲れにくく生活が楽になる!運動も楽しめる!」
第2回「外反母趾や足裏のつらい痛みに「ゆったり靴」はNG!自分の足の個性に合う靴選びを」

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆