SNSで「うつ病」リスクが上昇! ネットの楽しい経験よりもネガティブ経験が影響

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSのネガティブなコメントで「うつ病」リスクが上昇!ネット上の楽しい経験ではリスクは低減しないの画像1

ネットでの楽しい経験も「うつ病」リスクを減らさない

 今年6月6日号の「Depression and Anxiety」に掲載された論文によると、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などでネガティブな発言に接する経験が多い人は、「うつ病」になりやすい可能性のあることが、米国の約1200人の大学生を対象とした調査で明らかになった。

 その一方で新たな事実も判明した――。オンライン上で楽しい経験をしても「うつ病のリスクはほとんど低減しないことも示された」というのだ。

ネガティブな発言に接する頻度が増えると抑うつ症状が

 今回の調査の対象は、2016年に米ウエストバージニア大学に通っていた18~30歳の学生1179人。平均年齢は20歳で、女性が62%、白人が72%を占め、約半数が独身だった。研究者らによれば、一般にソーシャルメディアを利用する人の約83%は、この年齢層が占めるという。

 参加者には、ソーシャルメディア上で「ポジティブ」あるいは「ネガティブ」な発言や情報に接する頻度を尋ねた上で、質問票の回答から抑うつ症状の有無を評価した。

 その結果、ソーシャルメディア上でネガティブな発言に接する頻度が10%増えると、抑うつ症状が現れるリスクは有意に上昇することがわかった(調整オッズ比は1.20、95%信頼区間1.11~1.31)。

 一方、ポジティブで楽しい経験の頻度が10%増えても、抑うつ症状が現れるリスクは4%減る程度にとどまっていた。

脳卒中の後遺症  機能回復・再発予防専門トレーニング「リハジム」とは?
インタビュー「脳卒中後遺症の機能回復・再発予防専門のジム」前編:株式会社P3代表・中村尚人(理学療法士)

脳卒中後遺症の方のための機能回復・再発予防専門トレーニングをメインとした、まったく新しいコンセプトのジム「リハジム」がオープンした。この施設を運営する学療法士で株式会社P3の代表も務める中村尚人氏に、今回はジムで行われるリハビリの内容について訊いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

広島大学名誉教授。1941年、広島市生まれ。広島…

難波紘二

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆