SNSで「うつ病」リスクが上昇! ネットの楽しい経験よりもネガティブ経験が影響

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SNSのネガティブなコメントで「うつ病」リスクが上昇!ネット上の楽しい経験ではリスクは低減しないの画像1

ネットでの楽しい経験も「うつ病」リスクを減らさない

 今年6月6日号の「Depression and Anxiety」に掲載された論文によると、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などでネガティブな発言に接する経験が多い人は、「うつ病」になりやすい可能性のあることが、米国の約1200人の大学生を対象とした調査で明らかになった。

 その一方で新たな事実も判明した――。オンライン上で楽しい経験をしても「うつ病のリスクはほとんど低減しないことも示された」というのだ。

ネガティブな発言に接する頻度が増えると抑うつ症状が

 今回の調査の対象は、2016年に米ウエストバージニア大学に通っていた18~30歳の学生1179人。平均年齢は20歳で、女性が62%、白人が72%を占め、約半数が独身だった。研究者らによれば、一般にソーシャルメディアを利用する人の約83%は、この年齢層が占めるという。

 参加者には、ソーシャルメディア上で「ポジティブ」あるいは「ネガティブ」な発言や情報に接する頻度を尋ねた上で、質問票の回答から抑うつ症状の有無を評価した。

 その結果、ソーシャルメディア上でネガティブな発言に接する頻度が10%増えると、抑うつ症状が現れるリスクは有意に上昇することがわかった(調整オッズ比は1.20、95%信頼区間1.11~1.31)。

 一方、ポジティブで楽しい経験の頻度が10%増えても、抑うつ症状が現れるリスクは4%減る程度にとどまっていた。

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆