“ビックデータ”をもとに「ツボ」を確定? WHOも認めた361ポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
tubo.jpg

体中に張り巡らされた経絡とツボ ISphoto/PIXTA(ピクスタ)

 「“ツボ”をはずした質問」といえば的外れな質問、「まんまと思う“ツボ”にはまった」といえば、ドンピシャと計略にひっかかった――。

 日本人なら、だれでも知っている「ツボ」。そして、この「ツボ」が、もともとは指圧やお灸をする体の“ポイント”だということも、日本人の多くが知っているだろう。

 胃痛や頭痛、腰痛など、それぞれに効果をもたらすツボを押すと、スーッと不調が消えて快適になる。それは数センチずれてもダメで、まさにその一点を刺激すると効く。だからこそ、「ツボをはずす」「ツボにはまる」などの表現は言い得て妙なのだ。

 だが、どうして「ツボ」が効くのか? となると首を傾げる人は少なくない。

「鍼灸療法」が有効性を認めWHOがツボを認定

 東洋医学によると、ヒトの体内には「経絡(けいらく)」という「気血(エネルギー)」の通り道が張りめぐらされている。それは12本あるとされ、体内を縦横に走る様は、解剖図の血管のようでもある。

 経絡はあくまでも気血の通り道である。この経絡上に、サービスエリアのように点在するのが「経穴(けいけつ)」で、これがツボと呼ばれるもの。体表にあるツボを刺激すると、体の奥にある内臓などの状態が改善するのは、経絡でつながっているからだと考えられている。

 血管や神経と違い、解剖しても経絡やツボは目に見えない。おまじないや民間療法のたぐいだと思う人もいるかもしれないが、明治時代以降、科学的な解明が進んでいる。

 たとえば京都大学理学部からは、皮膚の中には電気が通りやすいポイントがあり、それがツボとほぼ一致するという研究結果。さらに21世紀に入り、WHO(世界保健機関)は、神経痛や頭痛、リウマチ、胃腸炎、めまい、眼精疲労などの症状にツボを刺激する「鍼灸療法」が有効であること認めた。

 さらに、アジア各国でまちまちだったツボの位置を361カ所にまとめた。WHOのお墨付きが与えられたわけだ。

 最近の研究によると、ツボはおそらく原始時代から知られており、石器などで「ここを押したら、あそこの調子がよくなった」という経験が蓄積されて、古代中国で体系づけられたのだろうという。

 もちろん、それ以来の経験も蓄積されており、相当の“ビックデータ”を基にツボは確定されているのである。

風邪予防にはツボをドライヤーで温める

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真