東洋医学で毎日の不調を乗り切る

便秘薬を無駄にしない「便秘の4タイプ」の見分け方

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
便秘薬を無駄にしない「便秘の4タイプ」の見分け方の画像1

なかなか出ない便秘にはタイプがあるshutterstock.com

 市販されている便秘薬の種類は豊富ですが、「効きすぎて下痢になってしまう」「続けて飲んでいたら、効かなくなった」というケースも多いようです。こんなトラブルが起こるのは、その薬が体に合っていない証拠。確実かつ穏やかに便秘を治すためには、まず、便秘のタイプを見極めることが大切です。そのときの体の状態に合った治し方をすれば、慢性便秘の解消にもつなかっていくはずです。

①コロコロ便しか出ないとき
【症状】乾いた感じのコロコロ便しか出ない/のどが渇きやすい/唇が乾燥している/舌の色が赤い
【対策】乾燥した腸を潤してくれる、ゴマやハチミツが最適
 腸の潤いが不足していると、乾燥したコロコロ便しか出なくなってしまうことがあります。こういうときにおすすめなのは、ゴマ、くるみ、松の実、ハチミツ、ヤマイモ、白菜、桃など、腸の潤滑油となってくれる食べ物。松の実、くるみ、黒ごまを炒ってすり、はちみつと湯を加えた中国しるこ『三仁糊』もよいでしょう。これらの食べ物は、作用が穏やかなので、どのタイプの便秘にも有効です。

②おなかが硬く張って痛むとき
【症状】おなかが硬く張っている/のどが渇き、冷たいものが飲みたい/便が硬く、匂いがきつい
【対策】おなかにこもった熱を、果物や野菜でとりのぞく
 辛いものや脂っこいものの食べすぎなどが原因で、おなかに熱がこもって便が乾燥し、出にくくなることがあります。おなかが硬く張って苦しく、触ると熱感があるのが特徴です。こういう熱タイプの便秘には、果物や生野菜、牛乳などが効果的。おなかの熱をとって、腸に潤いを与えてくれるからです。大黄などが入った便秘薬も、このタイプなら問題はありません。ただし、長期服用していると、逆におなかが冷えてしまうこともあるので、便秘が治ったらすぐにやめるようにしましょう。

ストレスが原因の便秘には軽い運動と入浴

③便秘しても、おなかが張らないとき
【症状】便秘をしてもおなかが張らない/食事のあとに眠くなる/おなかを温めると気持ちがいい
【対策】センナやドクダミはNG。温かくて消化のよい食事で腸の調子を整える。おへそへの棒灸も有効。棒灸はモグサを紙で巻いて棒状にしたお灸です。棒灸を皮膚にかざしておなかを暖めます
 1週間くらい便秘をしていれば、ふつうはおなかが痛んだり、張ったりするものですが、腸の動きが鈍くなっている場合は、ほとんどおなかの不快感がありません。便が出るときも、はじめだけ硬く、あとは軟便か下痢、ということが多いようです。このタイプの便秘には、果物や生野菜、冷たい牛乳などは向きません。おなかが冷えて下痢をしたり、よけい腸の動きが悪くなったりする恐れがあるからです。センナ、大黄、ドクダミ、アロエなどはさらに作用が強いので、避けたほうがいいでしょう。
 
 腸に元気を与えて動きをよくするためには、温かくて消化のよい食事がいちばん。胃腸をしっかりさせる働きのあるお米を中心に、野菜の煮物などを合わせた和食がベストです。
 なお、おなかが冷えて腸の動きが悪くなることもありますが、この場合も注意点はほぼ同じ。ショウガやシナモンなど、おなかを温めるものを適量とると、なお効果的です。

④ストレスによる便秘
【症状】おなかにガスがたまって張る/イライラする/ゲップが多い/ストレスが引き金で便秘がひどくなった/便が細く、すっきり出ない
【対策】アロマバスで、おなかのマッサージを
 ストレスによって、腸が緊張した状態になって起こる便秘です。腸がスムーズに動かないため、便が細くなる、切れぎれになる、スッキリ出ない、といった不快な症状が現れます。イライラしたり、おなかにガスがたまって張る、といった症状も伴います。こういうときには、滞った「気」の流れをよくするために、軽く体を動かし、そのあとは、お風呂にゆっくりつかってリラックスするのがいい方法。バスタブに38度くらいのお湯を半分(腰がつかるくらい)ためて、下半身だけ入浴し、おなかを時計回りにマッサージします。好きな香りのアロマオイルを3~4滴たらすとより効果的です。
(文=編集部、監修=呉澤森/呉迎上海第一治療院院長)

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫