マンガ連載「病院でこんなことがおきている!」第5回

【マンガ連載5】新人ナースは夜勤で患者と大胆な行為に!&産婦人科ベテランナースは驚愕放言

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【マンガ連載5】とんでも新人ナースは夜勤で患者と大胆な行為に!&産婦人科ベテランナースの驚愕放言の画像1

ゆとり世代のナースはこうだ!?

 白衣の天使はどこにいる? 長い入院生活ならなおさら外来でも病院の評判を決めるのは医者よりナースかもしれない。しかし、とんでもナースはどこにでもいる。<ゆとり世代>のナースがあなたのすぐそばにいる! 

 夜勤で行方不明のナースが見つかった場所は、とんでもない場所だった!? ベテラン産婦人科ナースは、診療とまったく関係のない井戸端会議状態! やはり、とんでもナースはどこにでもいる!!

 元ナースで人気漫画化の安斎かなえさんが描く、病院で起きている不条理・恐怖・呆然のリアルストーリー第5弾。実際に医療現場を知っているからこそ描ける、リアルでツボをついた、笑うに笑えない医療漫画シリーズからの傑作選をお楽しみあれ!

病院内でナンパ&患者と添い寝の新人ナース

【マンガ連載5】とんでも新人ナースは夜勤で患者と大胆な行為に!&産婦人科ベテランナースの驚愕放言の画像2

【マンガ連載5】とんでも新人ナースは夜勤で患者と大胆な行為に!&産婦人科ベテランナースの驚愕放言の画像3

【マンガ連載5】とんでも新人ナースは夜勤で患者と大胆な行為に!&産婦人科ベテランナースの驚愕放言の画像4

【マンガ連載5】とんでも新人ナースは夜勤で患者と大胆な行為に!&産婦人科ベテランナースの驚愕放言の画像5


胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇