>  > 眼病平癒のエビデンス(東京慈恵会医科大学准教授高橋現一郎)
「眼病平癒のエビデンス(東京慈恵会医科大学准教授高橋現一郎)」の記事一覧

人間にとって最も重要な情報収集経路である視覚。その視覚に悪影響を及ぼす疾患はきわめて多様かつ複雑だ。意外に知られていない一般的な眼科疾患から最先端の先進医療まで、あらゆる誤解や非常識を拭い去る目からウロコのエビデンス。

乾燥するのに涙目になる、冬場のドライアイの原因、治療法は?

最近「外に出ると悲しくもないのに涙が出る」ということはありませんか? あるいは「自転車に乗っていると涙が出る」ことはありませんか? 特に、今頃の季節から春先まで、室内では大丈夫ですが、外に出ると涙目になる方がおられます。原因としては「乾燥」や「寒冷刺激」「風による刺激」…続きを読む

乾燥するのに涙目になる、冬場のドライアイの原因、治療法は?

白内障の手術が簡単だとは限らない! コミュニケーション不足で術後のトラブルが増えている

「白内障の手術は痛くないし、短時間で簡単に終わり、良く見えるようになるのですよね?」「5分で終わるのですよね?」「1.5の視力が出るのですよね?」――。白内障の手術を希望して来院された患者さんから、このような質問をされることがあります。 20~30年前の白内障手術は、麻…続きを読む

白内障の手術が簡単だとは限らない!  コミュニケーション不足で術後のトラブルが増えている 

メガネやコンタクトから解放されたい! レーシックよりも安全な近視矯正法

子供の頃から近眼でメガネやコンタクトレンズを装着していたけれど、スポーツや仕事のときは不便でしょうがない......、と思ったことはないでしょうか? 近視矯正法としては、角膜を削って曲率を変えるレーシック手術が、以前から数多く行われてきました。しかし最近では、重篤な感染…続きを読む

メガネやコンタクトから解放されたい! レーシックよりも安全な近視矯正法
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆