連載「眼病平癒のエビデンス」第11回

失明の原因・第1位「緑内障」、症状が出たら手遅れ! 患者の9割が診断・治療を受けていない

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
7492-2.jpg

緑内障の治療は進行を遅らせることしかできない(shutterstock.com)

 日本では、成人の失明原因の第1位が「緑内障」です。近年の大規模な疫学調査では、40歳以上の5%、70歳以上では10%が緑内障に罹患していると報告されています。しかし、そのうち約9割の人が、緑内障の診断や治療を受けていないことが判明しました。

 緑内障は、「眼圧(目の内圧)が上がって痛くなる病気」と思っていませんか? また、緑内障は「視野が狭くなる病気」と思っていませんか?

緑内障は早期発見・早期治療が肝心

 多くの緑内障では、痛みは伴いません。また、緑内障で視野が狭くなるのは症状が進行してからであり、初期は無症状です。このように病気に対する認識の間違いから、自分は大丈夫と思っている方が実に多くいらっしゃるのです。

 では、どのようにして「痛くない、視野も狭くない」人が緑内障と診断されているのでしょうか?

①人間ドック、会社の健康診断、地域の健康診断で指摘された。
②健康番組を見て不安に思い受診した。
③他の病気で眼科を受診して指摘された。
④家族に緑内障の人がいる。

 などが多いようです。つまり、多くの人は自覚症状が無いにも関わらず、緑内障と診断されているのです。

緑内障は社会生活や仕事にも支障をきたす

 ①のケースのように、人間ドックなどで「眼圧が高い」「視神経乳頭陥凹拡大」などのため“要精査“と記載されたために、緑内障が判明しています。眼科を受診された方から、「去年も言われけど、自覚症状がないし、忙しかったので放置していた」と聞くことがあります。せっかくの早期発見のチャンスを逃していることになるのです。

 ②のケースでは、健康番組では大げさに表現されることがありますが、少しでも思い当たることがあったら、眼科で相談したほうがいいでしょう。

 ③のケースのよに、春先の花粉症やコンタクトレンズの健診、結膜炎など、直接緑内障とは関係ない病気で眼科を受診した際に、緑内障と診断されることがあります。特に、初めて眼科を受診した時には、希望していないのに、視力検査や眼圧検査、眼底検査をされた経験はないでしょうか? それらの検査は眼科の基本検査であり、さまざまな病気が見つかるきっかけになることがあります。決して高額な検査ではないので、時間に余裕があれば、是非、検査を受けることをお勧めします。大切なことは、その検査結果を聞いて、他の眼病が無いか確認をすることです。眼底出血や網膜裂孔なども、このような検査で見つかることが多いのです。

 ④の家族歴は、緑内障の重要な危険因子の一つです。家族を含めた血縁関係のある方に緑内障の人がいたら、是非、一度、精密検査を受けてください。家族歴以外では、「強度近視」「年齢40歳以上」「低血圧」など危険因子が指摘されており要注意です。

緑内障は進行を止めることしかできない

高橋現一郎(たかはし・げんいちろう)

東京慈恵会医科大学眼科学講座准教授。1986年、東京慈恵会医科大学卒業。98年、東京慈恵会医科大学眼科学教室講師、2002年、Discoveries in sight laboratory, Devers eye institute(米国)留学、2006年、東京慈恵会医科大学附属青戸病院眼科診療部長、東京慈恵会医科大学眼科学講座准教授、2012年より東京慈恵会医科大学葛飾医療センター眼科診療部長。日本眼科学会専門医・指導医、東京緑内障セミナー幹事、国際視野学会会員。厚労省「重篤副作用疾患別対応マニュアル作成委員会」委員、日本眼科手術学会理事、日本緑内障学会評議員、日本神経眼科学会評議員などを歴任。

高橋現一郎の記事一覧

高橋現一郎
部下や同僚が「うつ病」になったら? リワークのプログラムの提供施設は全国200以上に拡大
インタビュー「職場でのうつ病の再発を防ぐ」秋山剛医師(NTT東日本関東病院精神神経科部長)

第1回:「障害」が疑われる人の<うつ休職>
第2回:「新型うつ」はどう治す?
第3回:部下や同僚が「うつ病」になったら?
うつ病で休職中の社員が、毎日決まった時間に病院に通い、同じうつ病の仲間とともに再発を防ぐためのプログラムを受けることが「うつ病のリワーク」と呼ばれ注目を集めている。

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

こくらクリニック院長。1963年生まれ。1991…

渡辺信幸

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫