介護の現場が「施設」から「在宅」へ~医師は介護者目線に立った処方箋を

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
介護の現場が「施設」から「在宅」へ移行 医師は介護者目線に立った処方箋をの画像1

介護の現場が「施設」から「在宅」へ(depositphotos.com)

 2018年4月に診療報酬と介護報酬が同時改定された。それに先立ち、厚生労働省が開催した「医療と介護の連携に関する意見交換会では、以下のテーマが検討された。

●看取り
●訪問介護
●リハビリテーション
●関係者・関係機関の調整・連携

 医療機関とケアマネジャー、通所リハビリ事業所、薬局薬剤師などとの連携を進めて、早期退院・在宅復帰、介護予防(要介護状態の維持・改善)、患者の希望に応じた看取り、処方の適正化を、国は推し進めようとしているようだ。

 ジワジワと「施設から在宅へ」と、介護の場を移行していこうとしている。

 重度な要介護状態になっても、住み慣れた地域で自分らしく過ごしていけるように、医療や介護、生活支援などが一体的に提供される、「地域包括ケアシステム」ができるのは素晴らしいことだ。

 しかし、自宅などで介護を担う「ケアラー」には、どのように影響するのだろうか?

 訪問診療も行っている「なごみクリニック」(熊本県熊本市)院長の亀川寛大医師は、「1日に何回も薬を飲ませなければならないことが、介護をしている家族にとって大きな負担になっているケースも多い」と語る。

 ケアラーにも仕事や学業など、日々の暮らしがある。介護の負担で押しつぶされないようにするために、どのような配慮が必要なのだろうか。亀川医師に話を訊いた。

心身の健康を崩したり社会から孤立するケアラーが増加

 ケアラーとは、高齢者や障害者などの介護を無償で行っている人たちのことで、主にその家族である。

 内閣府の「平成28年版高齢社会白書」には「要介護者等からみた主な介護者の続柄をみると、6割以上が同居している人が主な介護者となっている」と書かれている。このことから、ケアラーの多くが同居して介護を行っていると考えられる。

 住み慣れた家、友達もいる地域で過ごしたいという医療や介護を受ける人の願い。そんな願いをかなえてあげたいという家族の思い。少子高齢化による財源不足で、医療や介護の場を自宅に移したいという国の思惑――。

 三者の希望が合致して「施設から在宅へ」という流れができているのだが、介護の負担に追われ、心身の健康バランスを崩したり、社会から孤立したりするケアラーが増えているようだ。

 「ヤングケアラー」「ワーキングケアラー」のように、学校で勉強しながら、または働きながら介護し、学業や仕事との両立が厳しい状況に追い込まれている人もいる。

 在宅介護の場合、おむつ交換やトイレ介助などの「排泄介助」、立つ・座る・歩行などの「移動介助」、食事を食べさせる「食事介助」をケアラーが行う。

 さらに、介護を受けている高齢者の多くは、認知症やがんなど、なんらかの病気を患っている。そのために、薬を飲ませる「服薬介助」も必要になる。

 医師の指示どおりに間違いなく薬を飲ませたり、薬を嫌がっている状態でどうやって飲ませるのかを考えたり、神経をとがらせているケアラーも多いのではないだろうか。

 果たして、薬を処方する側の医師は、ケアラーの負担に気づいているのだろうか?

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆