シリーズ「DNA鑑定秘話」第45回

DNA鑑定が真犯人を追いつめた大阪と横浜の事件!一致確率は4兆7000億人に1人という高精度!

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
09783121.jpg

11月に入ってDNA鑑定が2つの事件を解決(shutterstock.com)

 DNA鑑定が真犯人を追いつめた2つの事件を追ってみよう――。

 毎日新聞(2016年11月1日)によれば、大阪府警は、8~9年前に路上で女性2人に性的暴行を加えたタクシー運転手の西尾耕平容疑者(31)を強姦・傷害罪の疑いで逮捕した。

 報道では、2007年11月下旬、西尾容疑者は、大東市内で当時20代の女性を路地に引きずり込み、性的暴行を加え、強姦罪の容疑で逮捕。翌2008年8月下旬、東大阪市内で当時20代の女性を殴る蹴るの暴行を加え、強姦致傷罪の容疑で逮捕。両事件で起訴された。

 今年6月、西尾容疑者は、勤務中のタクシー車内で女性にわいせつ行為をして、強制わいせつ罪で現行犯逮捕。大阪府警は、2007年と2008年の事件で採取した唾液をDNA鑑定したところ、西尾容疑者のDNA型と一致したため、逮捕に踏み切った。

DNAは真犯人を知っている!血液で足がついた凶悪犯

 もう1つの通り魔事件は横浜で起きた――。

 毎日新聞(2016年11月4日)によると、神奈川県警戸部署は、自称カラオケ店従業員、伊藤健治容疑者(45)を傷害罪の疑いで逮捕した。

 報道では、2009年3月1日午後0時20分頃、伊藤容疑者は、JR横浜駅東口の地下街「ポルタ」(横浜市西区)で、通行中の30代女性に「ホテルはどこですか」と尋ね、女性の左腰を背後から刃物で刺した。現場には血のついた果物ナイフが発見された。伊藤容疑者は「むしゃくしゃしてやった」と容疑を認めている。

 神奈川県警戸部署は、今年2月頃に発生した別件事件で採取した伊藤容疑者のDNA型を調べたところ、横浜の現場に残されたDNA型が一致。逮捕の決め手になった。

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇