樹木希林さん、小林麻央さん、共感を呼ぶ闘病姿勢~がん治療と仕事の両立は可能なのか?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
293382545.jpgがん患者が離職せず働き続ける社会を((shutterstock.com)

 2013年に「全身がんだらけ」をカミングアウトして以降、奇跡的な復活を遂げて、現在も女優業を精力的にこなしている樹木希林さん(74)。

 乳がん闘病中の想いを綴るブログが支持を集め、英国BBCの「影響力を持ち、人の心を動かす女性100人(2016)」に日本人として初めて選ばれた小林麻央さん(34)。

 そんな女性たちの闘病姿勢が共感を呼ぶ一方、国立がん研究センターは昨年12月21日、75歳未満のがんによる死亡率の減少割合が2005年からの10年間で約16%に留まったと公表した。

 事前に国の目標(20%)を下回る結果は予測されてきたが、それを裏付ける喫緊の実測値が明かされた。

 それに先立つ12月9日に「改正がん対策基本法」が衆院本会議で可決・成立した。同改正法は「患者が安心して暮らせる社会」を謳い、がん診断後も患者が就労と治療を両立できるよう企業側の配慮を求めている。

 だが、<ボランティア精神に依存>する本末転倒の患者支援という問題点については本サイトでも触れたとおりだ。
関連記事「がん対策基本法」は改正されたが……<ボランティア精神に依存>する本末転倒の「患者支援」

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔