「2016年12月」の記事一覧

村上春樹も実践する冬の有酸素運動~ランニングハイが脳に効く!習慣化には3つのポイント

年末の重い寒空を見上げると、ちょっとランニングでも……。そんな気分になりにくい。だが、少しの時間があればジョギングしてみよう。LSD(ロング・スロー・ディスタンス)がいい。 可能な限り、ちょっと長めの距離を、ゆっくりのマイペースで走ってみよう。ジョッギング中も後も体が爽…続きを読む

村上春樹も実践する冬の有酸素運動~ランニングハイが脳に効く!習慣化には3つのポイント

群集心理?集団催眠?「クリスマス症候群」をユング心理学の「集合的無意識」で読み解く

12月25日はXmas(クリスマス)。もういくつ寝ると、お正月も近い。ジングルベルが街に鳴り響くだけで、なぜか胸が高鳴り駆け足になる――。これらもバタフライ効果を生じさせることがある。その深層心理をひも解いてみよう。真夜中に靴下の中にプレゼントを入れたサンタクロースは誰…続きを読む

群集心理?集団催眠?「クリスマス症候群」をユング心理学の「集合的無意識」で読み解く

「酒は百薬の長」? 1日4杯以上は「脳内出血」が約1.6倍、「くも膜下出血」が約1.8倍の発症リスク

あなたは「虚血性脳卒中」と「出血性脳卒中」の違いがわかるだろうか? 前者は血栓や動脈硬化による脂肪の沈殿物が動脈に詰まり、十分な血液と酸素が供給されないために生じる脳組織の一部の壊死。いわゆる「脳梗塞」と呼ばれるもの。 一方、後者は読んで字の如し、脳の内部で起きる「…続きを読む

「酒は百薬の長」? 1日4杯以上は「脳内出血」が約1.6倍、「くも膜下出血」が約1.8倍の発症リスク
HIVも予防できる 知っておくべき性感染症の検査と治療&予防法
世界的に増加する性感染症の実態 後編 あおぞらクリニック新橋院内田千秋院長

前編『コロナだけじゃない。世界中で毎年新たに3億7000万人超の性感染症』

毎年世界中で3億7000万人超の感染者があると言われる性感染症。しかも増加の傾向にある。性感染症専門のクリニックとしてその予防、検査、治療に取り組む内田千秋院長にお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

あおぞらクリニック新橋院院長。1967年、大阪市…

内田千秋

(医)スターセルアライアンス スタークリニック …

竹島昌栄

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子