野良犬・野良猫に受難の冬! 「殺処分ゼロ」のドイツやイギリスは民間動物保護団体が活躍

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
new_wintercat.jpg

野良猫や野良犬にとっては厳しい冬が……(shutterstock.com)

 凍てつく酷寒や強風が小さな命を脅かしている。つい最近もペットではないが、佐賀の高校生が庭先にあらわれたアナグマ(狸)を撲殺、血を流して死んだ画像と「バットでフルスイングしてぶち殺してやった」との書き込みをツイッターに投稿したため、非難が殺到している。

 あなたの街にも、名もなき「捨て犬」たちや「捨て猫」たちが生きているかもしれない。だが彼らは、「飼い犬」や「飼い猫」とはまったく異なる悲惨な状況に追い込まれながら、冬空の下で辛うじて小さな命を繋いでいる。

殺処分は年間約8万2900頭も

 飼い主が何らかの理由で飼えなくなったり、飼い主が分からなくなった犬・猫たちは、都道府県の保健所や動物愛護センターなどの行政施設に引き取られる。

 引き取られた犬・猫たちは、飼い主が見つかれば、返還・譲渡されるが、返還・譲渡されない場合は、飼育管理を続けるのは経済的・物理的に困難なため、止むを得ず殺処分される。

 動物の虐待等の防止を定めた動物愛護法が制定された1973(昭和48)年当時は、120万頭以上の殺処分が行われていた。2013年に動物愛護法が改正され、飼い主やペット業者の責任や義務が強化されるとともに、殺処分ゼロに取り組む自治体が増えたため、年々減少傾向にある。

 環境省の調査によると、2015(平成27)年の犬・猫の殺処分数は年間約8万2900頭。その数は激減しているものの、殺処分が続いている事実は変わらない。

 自治体の取り組みや、殺処分ゼロを継続する海外の事例を見てみよう――。

殺処分ゼロを達成した自治体の取り組み

 まず、神奈川県は2013年から2015年の3年間、犬の殺処分ゼロ、2014年から2015年の2年間、猫の殺処分ゼロを達成した。神奈川県によると、正当な理由がない限り引き取らず、動物保護センターへ収容される犬・猫を減らしつつ、ボランティア団体などの協力で保護センターから譲渡する出口を広げた。動物保護センターは、犬・猫にマイクロチップを埋め込み、所有者を明確にしたため、返還率が上がったという。

 札幌市動物管理センターは、2年連続で犬の殺処分ゼロを達成した。毎日新聞によると、ボランティア団体の協力によって譲渡率がアップしたり、収容期間を7日間から無期限に延長したことが大きな要因だ。今後は猫の殺処分ゼロに努めていく。

 2014年に犬の殺処分ゼロを達成した熊本市は、2002年に動物愛護推進協議会を設立。無責任な飼い主への飼養継続を説得したり、返還・譲渡を推進したり、動物ふれあい教室やしつけ教室を開催して適正飼養・終生飼養を啓発する活動に地道に取り組んできた。獣医師会、ボランティア団体などが協力し、活発な里親探しも成果に繋がった。

 2011年に犬・猫の殺処分数が8340頭の全国ワーストを記録した広島県は、今年4月から殺処分ゼロをキープしている。それを支えているのが、広島県神石高原町に本部を構えるNPO法人のピースウィンズ・ジャパン(PWJ)が運営するピースワンコ・ジャパン・プロジェクトだ。2013年から殺処分対象の犬を引き取ってきた。4月から9月までの半年間で動物愛護センターから引き取った犬は361頭にのぼる。

 2014年9月には、ふるさと納税制度の使途指定先として、神石高原町内に本部を置くNPO法人も選べるように改善したところ、PWJを指定した納税が約1年半で4億円を超えたことも追い風となった。2020年までの全国的な殺処分ゼロの実現に向けて、10月からは「ふるさとチョイス」で寄付金10億円を募っている。

 東京都の場合はどうか? 2015年の犬・猫の殺処分数は979頭。猫が927頭(95%)を占める。公約に「ペット殺処分ゼロ」の実現を掲げている小池百合子都知事は、8月にフリーアナウンサーの滝川クリステルさんと対談し、「2020年東京五輪・パラリンピックをひとつの期限とした上で、東京都でいい例を示せるようにしたい」と話している。

 このように、「殺処分をなくそう!」の機運やコンセンサスが全国的に高まっている。次に海外の動きを見てみよう。

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫