インタビュー「女性の薄毛トラブル対策」第3回:北嶋渉医師(銀座HSクリニック院長)

女性の「薄毛」の治療法と費用は? 内服液や育毛剤、最新の再生医療技術まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
189333524.jpg

女性の「薄毛」の治療法と費用は?(shutterstock.com)

 30~40代の女性達を悩ます薄毛。頭部全体にわって毛髪が薄い「びまん性の薄毛」の予防と対策はもちろん、前回は治療薬も治療に役立っていることを知った。

 その最終回は、日進月歩の最新治療法について、銀座HSクリニック院長・北嶋渉医師に訊く。

薄毛女性の治療法と費用は?

――これまで薄毛予防や対策を教えてもらいました。それでも改善できない場合は、クリニックでの治療が必要ですか。

 バランスよい食生活を心がけ、質の良い睡眠をとることによって、薄毛を予防することができますが、3か月くらいセルフケアを続けても効果がないと難しいですね。育毛剤や養毛剤を使ったケアの効果も3か月くらいですね。

――クリニックではどんな治療を施していますか?

 当院で行っている治療は内服薬と育毛剤の処方です。

 パントガール(Pantogar)は、女性の薄毛(びまん性脱毛症・分娩後脱毛症)や抜け毛を改善し、発毛を促す内服薬として、世界で初めて効果と安全性が認められた薄毛治療薬です。含有されている必要不可欠な栄養素や有効成分を体内に供給することによって、効果的な治療が行われるようになりました。

 これまで女性の薄毛治療薬といえば、外用薬や頭皮への注入法しか選択肢がありませんでしたが、パントガールによって手軽で費用負担も抑えた薄毛治療が可能になりました。

 臨床試験では、3か月間の使用で70%の方の抜け毛が減少、そして20%の方は抜け毛がほとんど無い状態にまで改善する結果が確認されています。安全性が高い薬として、継続的・長期的にご使用いただけます。治療代は1か月1万5000円です。

 育毛剤は、パントスチンを使用しています。これはミノキシジル外用薬が合わない方や、より高い効果をご希望の方にお勧めをしています。

 有効成分のアルファトラジオールが、加齢による抜け毛の原因を抑制し、薄毛を改善しています。アルファトラジオールは、頭皮内で毛根を傷めるジヒドロテストステロン(DHT)の産生を抑制する働きをします。1本1万2000円です。

――他にクリニックで主な治療法があれば、教えてください。

 ミノキシジル育毛剤もクリニックでの処方ならではの高濃度配合で、症状に応じた異なる濃度の数種類をご用意しています。値段は1本1万7000円です。

――内服液や育毛剤が基本ですね。さらに効果的な治療はいかがでしょう?

 ノーニードルメソセラピーという毛根の成長因子を頭皮に浸透させる治療を併用される方も多いですね。ノーニードルメソセラピーは薄毛が進行してしまった人に対して効果が現れやすい治療になります。もちろん、個人差はありますけど。針を使わないので痛くないです。

 2週間に1回、約半年間治療を続けることで効果を実感されるケースが多いです。ノーニードルメソセラピー施術の前に、オゾンスチーマーによる頭皮・頭髪の洗浄、ヘッドマッサージなどを行い、薬液の効力をより高めるヘッドスパを兼用したコースもあります。

「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは? 
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」前編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。京野アートクリニック高輪の院長である京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真