「2016年4月」の記事一覧

足の寿命を伸ばすために必須のセルフケア&受けておきたい「足科検診」

東京・表参道にある「足のクリニック表参道」の院長・桑原靖医師は、「足を健康に保つためには、小さなトラブルを早期に発見し、治療と同時に予防していくことが大切」との考えから、今後は4月から新たにスタートした足の検診にも力を入れていきたいという。 検診では、患者の生活習慣、既…続きを読む

足の寿命を伸ばすために必須のセルフケア&受けておきたい「足科検診」

赤ちゃんはどうやって言葉を覚えるのか? 言語能力は1〜2歳頃に飛躍的に伸びる

赤ちゃんが1歳になる――。それは脳内に芽生えた言葉のエナジーが、活力をみなぎらせて一気に爆発する時期だ。 赤ちゃんが言葉を学ぶ能力の高さやスピードは驚異的だ。お父さんやお母さんの話し言葉に耳をじっとそばだてる。その音のつながりや言い回しを掴みながら、一つ一つの単語を切り…続きを読む

赤ちゃんはどうやって言葉を覚えるのか? 言語能力は1〜2歳頃に飛躍的に伸びる

白内障の手術が簡単だとは限らない! コミュニケーション不足で術後のトラブルが増えている

「白内障の手術は痛くないし、短時間で簡単に終わり、良く見えるようになるのですよね?」「5分で終わるのですよね?」「1.5の視力が出るのですよね?」――。白内障の手術を希望して来院された患者さんから、このような質問をされることがあります。 20~30年前の白内障手術は、麻…続きを読む

白内障の手術が簡単だとは限らない!  コミュニケーション不足で術後のトラブルが増えている 
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆