ここがヘン!?日本人の衛生感覚〜世界一清潔なトイレにスマホを持ちこむ不潔

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
toiletsumaho.jpg

トイレでスマホ操作は危険(shutterstock.com)

 不思議キャラクター・戸川純がTOTOウォシュレットのCMに登場したのは1982年のこと。キャッチコピーは、「お尻だって洗ってほしい」――。

 日本人の清潔志向の高まりと相まって、このCMを契機に温水洗浄便座は市民権を得て売れ始めた。

 その後、ホテルやオフィスビル、空港、商業施設をはじめ、新築の一般住宅にも普及。そして2015年3月末現在、一般家庭への普及率は77.5%にも達している。今や、温水洗浄便座でないと「大」ができないという人までいるほどだ。

外国人の評価が高い日本のトイレ

 昨年(2015年)、流行語大賞にもなった中国人観光客による「爆買い」。化粧品や医薬品、炊飯器などと並んで温水洗浄便座も人気だという。重い上に嵩張り、中国で買うより高価だが、日本で品質管理し、日本で販売されている製品なら、メイド・イン・チャイナでも安心だから買うのだという。

 自国で買えないわけではないが、日本で買ってこそステータスになるのだそうだ。

 日本のトイレを評価しているのは、なにも中国人だけではない。とあるテレビ番組で、ヨーロッパ人の旅行者が「トイレがきれい!」と驚いていた。それは温水洗浄便座だけでなく、トイレ空間そのものに対する評価と言える。

 内閣府男女共同参画局の「暮らしの質」向上検討会では、トイレについて深く掘り下げ、施策の方向性や個別対策を検討している。

 2020年の東京オリンピック・パラリンピックで訪日する多くの外国人に、高機能の温水洗浄便座、擬音装置、節水型便器を使ってもらうことで、日本の「おもてなし文化」体験してもらう。日本のソフトパワーを示すよい媒体になると、トイレを位置づけている。

 また、「汚い、危険、怖い」といったイメージのある学校のトイレや公衆トイレ、公園トイレも、2020年に向けて改修や整備などを行なう取り組み「ジャパン・トイレ・チャレンジ」が提言されている。

 すでに一部の自治体では、快適なトイレ環境を目指して「認証制度」を導入しているところもあるという。

日本には昔からトイレの神様がいた

 政府に後押しされなくても、なにしろトイレの神様「厠神」や「雪隠神」がいる国である。

 妊婦がつねに掃除をしてトイレをきれいにしておくと、安産できる上にきれいな子どもが産まれるといった伝承もある。お七夜の際に赤ちゃんをトイレの神様にお参りをさせる「雪隠参り」も各地にあった習俗だ(生後3日目のところも)。

 中世のパリやロンドン庶民の住まいにトイレはなく、おまるに大小便をして、いっぱいになったら窓から投げ捨てていたという。街路のあちこちにある糞尿を避けるためにハイヒールが発達したというのは余談だが、同時期の江戸の長屋には、共同の便所が設置されていたのだから大きな違いだ。

 日本人は、もともとトイレについては「ちょっとうるさい」民族なのかもしれない。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆