ペットも生活習慣病に悩む時代! “愛されペット”のスキンシップは「代替医療」だった

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4379837-2.jpg

ペットもマッサージで元気に長生き!?(shutterstock.com)

 近年は、犬や猫などのペットの室内飼育がスタンダードになり、ペットフードや動物医療の質が向上したことも相俟って、その寿命はぐんと延びた。と同時に、生活習慣病などの慢性疾患や老化現象に悩まされる動物も増えている。

 そんな中、単なる病気やケガの「治療」から、「自然治癒力」や「緩和ケア」などQOL(生活の質)を高めるケアが注目されている。代替医療だ。本来、動物医療は、西洋医学的な治療が中心だが、それでは対応できないケースが増えているためだ。

 ペットの世界にも人間さながらに、あらゆる代替医療が存在する。鍼灸、指圧、漢方などの東洋医学もあれば、アロマセラピー、ホメオパシー、バッチフラワーレメディー、サプリメント類など西洋の代替医療もある。マッサージやテリントンTタッチ(もともとは馬のためのケア)も、よく施術されている。

 こうした代替医療は、ペットの身体だけでなく、メンタル面にも良い作用がある。ペットたちは、従来の動物病院での「痛い」とか「怖い」といった思いより、むしろ心地よさを感じられる。結果、心身とも健やかになり、多くの飼い主の願いである「元気に長生き」が実現できる。たとえ病気を抱えていても、その苦しみを軽減しながら生活できるのだ。

 とはいえ、専門性が求められるケアは、獣医師や施術者など専門家にゆだねる必要があり、コストもかかる。そう頻繁には、受けさせてあげられないものである。

 そこで、多くの飼い主が取り組んでいるのが、マッサージやTタッチである。家庭でできるハウツーを学べば、日常的にケアして、飼い主自身の力でペットのQOL向上に働きかけられる。どちらも体を触るケアだが、マッサージは筋肉に働きかけ、Tタッチは神経に働きかける点が異なる。

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆