「2016年4月」の記事一覧

【閲覧注意】これがO157(腸管出血性大腸菌)にかかった大腸! 罹患の19年後にも犠牲者が……

1996年7月に起きた「腸管出血性大腸菌(O157)」の集団食中毒で当時罹患した女性(25)が、19年たった昨年10月11日に亡くなったと報じられた。後遺症の腎性高血圧を原因とした脳出血によるものだという。 当時、学校給食の食中毒で大阪府堺市の児童ら9000人以上が感染。カ…続きを読む

【閲覧注意】これがO157(腸管出血性大腸菌)にかかった大腸! 罹患の19年後にも犠牲者が……

モテる姿勢は背筋が伸びて両手・両足が開き気味!出会いイベント・SNSで検証

なにもかもがオンラインで賄われ、恋人探しから僧侶手配まで、「人」との出会いや交流もディスプレイ越しに始まる現代。「求める/求められる側」の双方にとって、「第一印象」がもっとも重要な判断材料になっている。 そんな第一印象が及ぼす結果に注目した、興味深い研究が報告された。…続きを読む

モテる姿勢は背筋が伸びて両手・両足が開き気味!出会いイベント・SNSで検証

外反母趾も巻き爪も足の構造異常。歪みを治すことで根治も可能

「足のことは何でも診る」がコンセプトの足のクリニック表参道(東京・表参道)では、外反母趾や巻き爪、たこやいぼ、魚の目、リウマチ、創傷、痛風、水虫など、多種多様な疾患を診る。 しかし、そうした多様な疾患の原因はほぼひとつ、「足の構造異常」に集約される。足の骨格の形状が悪く…続きを読む

外反母趾も巻き爪も足の構造異常。歪みを治すことで根治も可能
妊活はシチュエーションを変えることも大事 不妊治療は愛情の確認から
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志