シリーズ「DNA鑑定秘話」第28回

DNA鑑定秘話〜ハンカチに付着した100年前のプレイボーイの精液からDNAを検出

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Gabriele_D_Annunzio.jpg

詩人・作家のガブリエーレ・ダンヌンツィオ(1863〜1938年)

 ガブリエーレ・ダンヌンツィオ(1863〜1938年)は、イタリア歌曲の天才フランチェスコ・パオロ・トスティが作曲した「暁は光と闇とを分かつ」の作詞者として知られるイタリアの詩人・作家だ。余程の歌曲通でなければ、ダンヌンツィオを知る人は少ないだろうか?

 ムッソリーニに先駆けてファシスト運動を主導したり、奇想天外なビットリアーレ博物館を創設したり、三島由紀夫が著した『岬にての物語』や楯の会の行動に影響を与えた怪人物だ。だが、ダンヌンツィオは、女優エレオノーラ・ドゥーゼとの浮名を流すなど、イタリア社交界きってのプレイボーイぶりのほうがポピュラーかもしれない。

 そんなイタリアの伊達男、ダンヌンツィオを彷彿とさせるニュースが届いた。

1世紀前の精液班から精子DNAを検出!

 2015年3月13日、AFP通信の報道によれば、イタリアの法医学専門家チームは、国民的英雄ダンヌンツィオが100年前に愛人に贈ったハンカチに残っていた精液斑を分析し、その精子DNAを採集したと発表。遺体を掘り出さずに、故人の精子DNAの検出に成功したのは世界初の快挙だ。この鑑定技術は、迷宮入り事件などの解明に役立つのではと注目されている。

 1916年、53歳のダンヌンツィオは、伯爵夫人オルガ・レビ・ブルナーと道ならぬ一夜の性愛に溺れた。その愛のメモリーを残そうと、伯爵夫人に贈ったのが、何と精液が付いた1枚のハンカチだった!

 サルデーニャ島南部にあるイタリアの一大水産都市・カリアリ。地元警察の委託を受けた法医学専門家チームは、ビットリアーレ・デリ・イタリアーニ財団が保管していたハンカチ、侯爵夫人がダンヌンツィオに宛てた手紙、象牙製の歯ブラシを分析した。

 法医学専門家チームは、ハンカチに付着していた肉眼では見えない微小の精液斑を、科学捜査用ライトのALS(励起光源)を使って検出。精液斑のDNAとダンヌンツィオのひ孫のDNAを比較・分析し、精液斑にダンヌンツィオの精子DNAを確認した。

 ALS(励起光源)は、光源にLED(発光ダイオード)を使い、可視光線、赤外線、紫外線が出す光(電磁波)の周波数(355~900nm)を照射することによって、肉眼で見えない指紋、血痕、性液のほか、毛髪、繊維、打撲痕などの痕跡を可視化する最先端・高感度の光学検査システムだ。米国のFBI(連邦捜査局)をはじめ、欧米各国の警察、日本の警察庁や警視庁で活用され、科学捜査に大きく貢献している。

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔