シリーズ「最新の科学捜査で真犯人を追え!」第9回

放火魔・薬物常用者・爆破犯を追いつめろ! 燃え残りを暴くGC(ガスクロマトグラフィー)

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
989571-2.jpg

GC(ガスクロマトグラフィー)で火災現象を再現・検証(shutterstock.com)

 消防庁の「平成26年の火災状況」によれば、出火件数43,741件、死者数1,678人。出火原因は、放火4,884件(11.2%)、たばこ4,088件(9.3%)、こんろ3,484件(8.0%)、放火の疑い3,154件(7.2%)、たき火2,913件(6.7%)。放火と放火の疑いを合わせると8,038件(18.4%)に上る。

 放火か? 失火か? 自然発火か? 火災の原因を探り、放火犯を特定し、責任の所在を明らかにするのが火災鑑定だ。火災は、発生プロセスが千差万別のため、現場で物的証拠が焼失したり、人命救助や消火活動によって破壊されたりすることから、原因の特定が難航する。

 しかも、最近の火災は、電気・ガス・灯油・アルコールなど、原因が多様化し、建築物の構造・材料や機器類などの技術革新によって火災形態が複雑化している。このような状況に対処するために、建築学、都市計画学、物理学、化学、電気工学、機械工学、構造力学などの広領域なノウハウと経験を結集しながら、火災現象を科学的に究明するのが、火災鑑定だ。

 火災鑑定は、火災による発熱や煙流動などの火災現象を物理学的に分析する「火災物理解析」と、現場から集めた出火の原因物質を科学分析機器で総合的に調べる「成分分析・性状解析」がある。

 「火災物理解析」は、火災流体力学の英知を活かし、発生源、出火部、出火原因、火勢の成長経路、火炎方向、燃焼速度などを精査し、現場に残された燃え残り(燃焼残滓)、残存物、延焼残物などからコンピューター・シュミレーションによる数値・画像解析を行い、火災現象を再現・検証する手法だ。

数百万分の1g単位の微粒子を高精度に検出するGCの驚くべき解析力

 「成分分析・性状解析」は、燃え残りから、原因、延焼拡大の要因などを明らかにする手法だ。放火事件では、火をつけたのはライターかマッチなのか、ガソリンや灯油などの可燃物(燃焼促進剤)なのかを、燃え残りを分析して調べる。それが、1970年代に開発されたGC(ガスクロマトグラフィー)だ。

 GC(ガスクロ)は、燃え残りに吸収された揮発性成分を気化・分離させ、成分の含有量を質量分析計を使って測定する分析装置。わずかな燃え残りからでも、数百万分の1g単位の微粒子を高精度に検出できるので、可燃物の種類、たとえば、ガソリンなら添加物の種類、石油会社や銘柄も判明する。

青酸カリ、覚せい剤、爆発物の正体を掴んで逃がさないGC/MSの俊敏さ

部下や同僚が「うつ病」になったら? リワークのプログラムの提供施設は全国200以上に拡大
インタビュー「職場でのうつ病の再発を防ぐ」秋山剛医師(NTT東日本関東病院精神神経科部長)

第1回:「障害」が疑われる人の<うつ休職>
第2回:「新型うつ」はどう治す?
第3回:部下や同僚が「うつ病」になったら?
うつ病で休職中の社員が、毎日決まった時間に病院に通い、同じうつ病の仲間とともに再発を防ぐためのプログラムを受けることが「うつ病のリワーク」と呼ばれ注目を集めている。

こくらクリニック院長。1963年生まれ。1991…

渡辺信幸

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真