「2016年1月」の記事一覧

16階以上で生存の可能性「ほぼゼロ」!高層階に住む人は心肺停止の際の生存率が低いことが判明

上階から眺める景色は壮観だが、危険な代償を伴うかもしれない。高層階に住む人は心停止を起こした際の生存率が低いことが、新たな研究で明らかにされた。3階以上では、上階になるほど生存率が低下し、16階以上では生存の可能性が「ほぼゼロ」であるという。 その理由は単純に、第一対応…続きを読む

16階以上で生存の可能性「ほぼゼロ」!高層階に住む人は心肺停止の際の生存率が低いことが判明

“下着ドロ”の醍醐味はスリル? キンコメ・高橋の事件、“パンツ大臣”疑惑が意味するもの

制服を見ると安心した。私生活のストレスがたまったときの現実逃避のために盗んだ――。 東京都江東区内の高校に侵入し、女子生徒の制服などを盗んだとして、1月21日に建造物侵入容疑で再逮捕された、元お笑いコンビ「キングオブコメディ」の高橋健一被告(44)の言い分である。…続きを読む

“下着ドロ”の醍醐味はスリル?  キンコメ・高橋の事件、“パンツ大臣”疑惑が意味するもの

あなたの“がん”は病理医が診断する~長瀬智也さん主演のドラマ『フラジャイル』

先日スタートした、長瀬智也さん主演の医療ドラマ『フラジャイル』(フジテレビ系)。医療の影武者・病理医の存在意義とその果たす役割の重さに、観る者がグイグイ引き込まれた。 ところが、初回の平均視聴率9.6%(ビデオリサーチ調べ:関東地区)の結果に「低空飛行」との声も。だが…続きを読む

あなたの“がん”は病理医が診断する~長瀬智也さん主演のドラマ『フラジャイル』
がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真