「心」の記事一覧

「睡眠障害」による経済損失は3.5兆円!「スリープマネジメント」に取り組む企業

ゲームやネットに夢中になり、あっという間に深夜。あげくの果てにベッドに入っても寝付けない。リズムの崩れた生活で脳をいじめ、仕事や日常生活に支障をきたしていないだろうか。 睡眠不足がもたらす、こんなセンセーショナルな調査がある。日本大学医学部の内山真教授(精神医学)が、…続きを読む

「睡眠障害」による経済損失は3.5兆円!「スリープマネジメント」に取り組む企業

自殺前に9割の人が何らかの精神疾患を抱えている! 最も重要な自殺予防とは?

自殺は日本人の主な死因の一つ。だが、自殺は社会や周囲の人の支えによって救えることのできる命だ――。 日本における自殺者のピークは1950年後半、すなわち終戦後の混乱期。1980年代後半にバブル崩壊などの経済不況で中年男性の自殺が急増。2度目のピークを迎えた。 19…続きを読む

自殺前に9割の人が何らかの精神疾患を抱えている! 最も重要な自殺予防とは?

寝不足?怠け者?まさかこんな場面で寝てしまうなんて!居眠りに潜む危険な病

ぽかぽかとした昼休み、体育のあとの授業、心地よいゆれを感じる車内。そんな時と場所では、思わず誰しもが眠たくなって、つい、うとうととしてしまうものだが、時も場所も選ばず睡魔に襲われてしまう人たちがいる。 「過眠症」の一種、「ナルコレプシー」という睡眠障害をもつ人たちだ。…続きを読む

寝不足?怠け者?まさかこんな場面で寝てしまうなんて!居眠りに潜む危険な病
妊活はシチュエーションを変えることも大事 不妊治療は愛情の確認から
インタビュー「『射精障害』での不妊が増えている」第3回:岡田弘医師(獨協医科大学埼玉医療センター・泌尿器科主任教授)

「非婚化」「晩婚化」と並んで、結婚した夫婦の間でも子どもができなくなっていることが、人口減少の一因であることは論をまたない。獨協医科大学埼玉医療センターの泌尿器科主任教授・岡田弘氏の診察室には、男性が原因で不妊となっている夫婦が数多く訪れる。なかでも近年、急速に増えているのが、挿入はできるけれど、女性の中で射精できない「膣内射精障害」だという。

Doctors Select

2017年4月より、はるひ呼吸器病院(愛知県)病…

堤寛

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志