「心」の記事一覧

20年目の東京地下鉄サリン事件~取り残されたままの医療的な課題とは?

13人が死亡し、およそ6300人が被害を受けた「地下鉄サリン事件」は3月20日で20年を迎える。「オウム真理教犯罪被害者支援機構」は2月24日、地下鉄サリン事件の被害者を対象にしたアンケートの結果を発表。回答をした被害者299人のうち3割で心的外傷後ストレス障害(PTS…続きを読む

20年目の東京地下鉄サリン事件~取り残されたままの医療的な課題とは?

若年者の自殺を考える:自殺の手助けとなる情報の規制が必要!

全国の自殺者は最近やや減少に転じているものの、依然として1年間に3万人前後を数えており、深刻な社会問題となっている。そこで、筆者が実際に経験した救急医療現場での症例とともに、「高齢者編」と「若年者編」に分けて、その実態を紹介する。今回は若年者の自殺のケースを見てみよう。…続きを読む

若年者の自殺を考える:自殺の手助けとなる情報の規制が必要!

「握ったまま寝る」「トイレに持って行く」 ビジネスマンの9割がスマホ依存症?

近年問題になっている若者のネット依存。2013年の総務省の調査では、高校生のネット依存傾向が6割に上ることが明らかになった。特にスマホを持つ人は、ネットや動画を見る時間が長く依存傾向も高い。とはいえ社会人だってみんな、電車やカフェ、道端でもスマホを握りしめている。実はビジネ…続きを読む

「握ったまま寝る」「トイレに持って行く」 ビジネスマンの9割がスマホ依存症?
自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣
インタビュー「訪問看護ステーション」前編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営するのは大河原峻氏に、今回は同社の設立のきっかけや展望について話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛