「心」の記事一覧

うつの予防は幅広い視野と「雑談力」がカギに! "リワーク"の現状とは?

東京都内に3つの分院を持ち、さまざまな依存症や高齢者、うつ病休職者、発達障害や高次脳機能障害などに対する医療を行う榎本クリニック。最大の特色は、入院せずに自宅から通い、日中をクリニックで過ごす「デイケア」にある。深間内文彦院長にインタビューを行なった。 「最近の精神疾…続きを読む

うつの予防は幅広い視野と「雑談力」がカギに!

地下鉄サリン事件や東日本大震災からの「PTSD」で今も多くの人たちが苦しんでいる

3月11日で東日本大震災から4年、3月20日は地下鉄サリン事件からちょうど20年になる。ともすると風化しがちな二つの大きな出来事は今も人々の心の中で癒されない傷跡としてうずき続けている。「オウム真理教犯罪被害者支援機構」が事件の被害者及び家族を対象にアンケートを実施したとこ…続きを読む

地下鉄サリン事件や東日本大震災からの「PTSD」で今も多くの人たちが苦しんでいる

若年者の自殺を考える:自殺の手助けとなる情報の規制が必要!

全国の自殺者は最近やや減少に転じているものの、依然として1年間に3万人前後を数えており、深刻な社会問題となっている。そこで、筆者が実際に経験した救急医療現場での症例とともに、「高齢者編」と「若年者編」に分けて、その実態を紹介する。今回は若年者の自殺のケースを見てみよう。…続きを読む

若年者の自殺を考える:自殺の手助けとなる情報の規制が必要!
胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇