「耳/鼻/のど」の記事一覧

「耳掃除をやめろ!」米学会が緊急警告~耳垢には取ってはいけない大事な役目が

入浴後の仕上げに<耳掃除>をするのが好きな人は多いだろう。親子や夫婦、恋人同士が膝枕でスキンシップを兼ねて耳掃除をする風景はごく日常的なものだし、街に出れば「耳かき専門店」なるサービスも存在する。 実はこれ、耳掃除にこだわりの強い日本ならでは。欧米の人々にとって耳掃除は…続きを読む

「耳掃除をやめろ!」米学会が緊急警告~耳垢には取ってはいけない大事な役目が

錠剤で“ダニ”アレルギーを治す~「舌下免疫療法」で自宅治療が可能に

花粉症の時季が過ぎても鼻がグスグス。通年、鼻炎に悩まされている人がいる。 もしかすると、その不調の原因は、室内に巣くっているダニが関係しているかもしれない。 アレルギー性鼻炎の主な症状は、くしゃみと鼻水、鼻づまり。花粉症とは異なり、年中こうした症状がある。 そん…続きを読む

錠剤で“ダニ”アレルギーを治す~「舌下免疫療法」で自宅治療が可能に

いびきは病気なのか? 睡眠時無呼吸症候群では高血圧、心臓病、糖尿病のリスクファクターにも

寝入ったフリをしてかく空鼾(そらいびき)、ぐっすり寝入ってかく大音量の高鼾(たかいびき)、雷のような鼾声(かんせい)もある。いびき(鼾)をかくのは、眠りが深いからなのか、浅いからなのか? 平安時代の漢和字書『新撰字鏡(しんせんじきょう)』に「息吹(いぶき)」という語があ…続きを読む

いびきは病気なのか? 睡眠時無呼吸症候群では高血圧、心臓病、糖尿病のリスクファクターにも
離島での事業継続と都市型のドミナント戦略の共存で急成長の訪問看護ST
インタビュー「訪問看護ステーション」後編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

前編『自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣』
訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営する河原峻氏に、今回は同社が進める離島での訪問看護事業、今後のビジョンなどについて話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛