>  >  >  > いびきは病気なのか?高血圧、心臓病、糖尿病のリスク?
シリーズ「『あくび』と『いびき』と『しゃっくり』の科学」第2回 

いびきは病気なのか? 睡眠時無呼吸症候群では高血圧、心臓病、糖尿病のリスクファクターにも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
129019-2.jpg

睡眠時無呼吸症候群は85%以上が未診断(shutterstock.com)

 寝入ったフリをしてかく空鼾(そらいびき)、ぐっすり寝入ってかく大音量の高鼾(たかいびき)、雷のような鼾声(かんせい)もある。いびき(鼾)をかくのは、眠りが深いからなのか、浅いからなのか?

 平安時代の漢和字書『新撰字鏡(しんせんじきょう)』に「息吹(いぶき)」という語があることから、息引き、息響き、寝響き(いひびき)が転じて、いびき(鼾)になった。また、『漢字源』によれば、いびき(鼾)を「鼻に干」と書くのは、鼻から出る大きな音を干声(かんせい)と呼んだことに由来する。

いびき(鼾)とは何か?

 いびき(鼾)は、睡眠中、鼻から喉頭につながる空気の通り道である上気道(鼻から鼻腔、鼻咽腔、咽頭、喉頭までの呼吸器)が狭くなって起きる振動音だ。

 上気道が狭まった時に振動する部分は、鼻翼(小鼻)、鼻腔(鼻の空洞)と口腔(口の空洞)が合流する部分の上方にある口蓋垂(のどちんこ)、その下にある口蓋扁桃、咽頭扁桃(鼻呼吸した空気が気管支に抜ける部分)、舌扁桃(舌の奥で気管支や食道口に接する部分)などがある。中でも特によく振動するのは、軟口蓋垂(上の歯に奥にある口蓋垂の軟らかい部分)だ。

 つまり、いびき(鼾)は、狭まった上気道を空気が通る時に、軟口蓋垂が振動して発する雑音だ。

 音が低い時は軟口蓋垂が振動しているが、音が高い時は舌根が落ちたり、口蓋扁桃が肥大して気道が狭まっている場合が多い。息を吸った時、狭い咽頭の部分が吸い寄せられてさらに狭くなるので、いびき(鼾)をかきやすい。息を吐く時にもかく往復いびき(鼾)もある。

 さらに、睡眠時は副交感神経が優勢になるため、酸素の消費量が減り、上気道が狭くなるので、いっそう振動しやすくなる。また、疲労、飲酒、老化などによって、口蓋垂を支える筋肉の緊張が緩むと、上気道に口蓋垂が落ちるため、旗がはためくような振動音を立てることがある。

睡眠時無呼吸症候群は、高血圧、心臓病、糖尿病のリスクファクター!

部下や同僚が「うつ病」になったら? リワークのプログラムの提供施設は全国200以上に拡大
インタビュー「職場でのうつ病の再発を防ぐ」秋山剛医師(NTT東日本関東病院精神神経科部長)

第1回:「障害」が疑われる人の<うつ休職>
第2回:「新型うつ」はどう治す?
第3回:部下や同僚が「うつ病」になったら?
うつ病で休職中の社員が、毎日決まった時間に病院に通い、同じうつ病の仲間とともに再発を防ぐためのプログラムを受けることが「うつ病のリワーク」と呼ばれ注目を集めている。

こくらクリニック院長。1963年生まれ。1991…

渡辺信幸

シカゴ大学医学部内科・外科教授兼個別化医療センタ…

中村祐輔

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真