シリーズ「『あくび』と『いびき』と『しゃっくり』の科学」第3回 

迷走神経を刺激すると「シャックリ」は止まる! 異常な頻度で出たり止まらない場合は病院へ

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
6477-2.jpg

息を止めて冷水を飲む(shutterstock.com)

 平安中期の漢和辞書『和名類聚抄(わみょうるいじゅしょう)』によれば、しゃっくり(噦り)は、くりぬく、しゃくり上げるという意味の「さくり(噦り、吃逆)」が転じたとある。確かにしゃっくりが出ると、腹がくりぬかれるような気分になる。

 中国なら「ダーグー!」、ドイツなら「シュルックアウフ!」、フランスなら「オケ!」、スペインなら「イポ!」、ロシアなら「イコータ!」、アメリカなら「ヒカップ!」、フィンランドなら「ヒッカ!」、ノルウェーなら「ヒッケ!」 ……。

 さて、しゃっくりは、なぜ起きるのか?

 自然呼吸を思い出そう。息を吸う時は、横隔膜や外肋間筋(がいろっかんきん)などの呼吸筋が収縮し、息を吐く時は、肺の受動的反跳(ふくらんだ肺が自然に元に戻ろうとする力)が働いて呼吸を繰り返している。

 肺の下にある横隔膜は、横隔神経、迷走神経、呼吸中枢神経の刺激を受けると、不随意性(意志でコントロール不能)の強い痙攣(攣縮)を起こす。その直後、急に息を吸い込むと声帯が収縮する。狭くなった声帯を吐く息が急激に通過するため、「ヒック!」という音を一定間隔で繰り返す。それが、しゃっくりの正体だ。ミオクローヌス(稲妻のように素早い不随意収縮)の一種で、医学的な疾患名は、吃逆(きつぎゃく)という。

 しゃっくりは、早食い、大食い、飲み過ぎ、刺激物の過食、タバコの吸い過ぎ、大笑いした時や会話中などの他、消化器などの疾患、精神的ストレス、睡眠薬の副作用などが原因で起きやすい。

 しゃっくりは、胎児もする。1日に36分間もしゃくるらしい。生まれたばかりの赤ちゃんは、横隔膜が発達していないため、しゃっくりが起きやすい。ミルク、母乳、白湯、湯ざましを飲ませる、背中をさすったり軽くトントンする、おむつを替える、体を温める、大泣きさせる、うつ伏せにする、授乳後ならげっぷを出すと難なく収まる。

たかがしゃっくりと侮ってはいけない!

子どもが発熱してもあわてない! 薬を減らして免疫力を育てよう
インタビュー「飲むべきか、飲まざるべきか、それが薬の大問題」第1回・とりうみ小児科院長・鳥海佳代子医師

過剰医療を招く一因ともいわれる、わが国の医療機関への「出来高払い制」。国民皆保険制度によって恵まれた医療を享受できる一方、<お薬好き>の国民性も生み出す功罪の両面がある。薬は必要なときに、必要な分だけ――限りある医療資源を有効に使う私たちの賢い選択とは? とりうみ小児科の鳥海佳代子院長に訊く。

理学療法士。日本で数年勤務した後、豪・Curti…

三木貴弘

ジャーナリスト、一般社団法人日本サプリメント協会…

後藤典子

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘