ゴールデンボンバー・鬼龍院翔さん、声帯手術で“スーパーヴォーカリスト”に進化!?

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
kiryuuin.jpg

声帯ポリープの除去手術を受けた鬼龍院翔さん(公式HPより)

 鬼龍院翔さんが、自らのブログ上で声帯ポリープの除去手術を受ける決断を表明した。

 NHK紅白歌合戦に4年連続で出場しているゴールデンボンバー、略称「金爆」の全楽曲を作詞・作曲する翔さん。金爆は6月から11月までの全国ツアーを控えており、この時期の敢行が最適と選択したようだ。

 翔さんは「ファンの皆様へ一応のお知らせを」と一呼吸おいてから「今月声帯の小さなポリープを切除する手術をします」と、かなり長文の経過報告と自らの見解を真摯に綴っている。

 件のポリープ自体は、3年半前、喉の病気に見舞われた際にも認められていたものだ。担当医からは「この程度なら歌唱にあまり影響はない」と助言され、リハビリに取り組んできたという流れを説明したあと、こう書いている。

歌手生命を脅かした、あるトラブル

 「3年半前に発症した僕の喉の病気は喉の筋肉の異常な硬直によるもの(器質的異常に基づかない発声障害・ジストニアのようなもの)なので声帯の小さな膨らみとは無関係のものです。/長期のリハビリによって僕の声はだんだん調子が戻ってきて、やっと最近は生き生きと歌えるようになりました\(^-^)/」

 折よく歌の仕事が空白のこの時期に「声帯を真っすぐにしておこうと思い」、これまで以上に「よりコントロールの効く喉になることも願って」、初入院&初全身麻酔を選んだという翔さん。「何も怖いものは無い」とファンを安心させつつ、こうも続けている。

 「ポリープの手術というとどうしてもおおごとみたいに見えますが、3年半前に発症した種類の発声障害のほうが何十倍も厄介で歌手生命が終わるか終わらないかのおおごとです。」

 一重に「発声障害」といっても、障害のある器官によって病名も症状もさまざま。彼の文章(単語)から類推すれば、「痙攣性発声障害」か、それと症状のよく似た「機能性発声障害」あたりとなるだろうか。

「がん免疫療法」の情報が氾濫~正しい知識を得るのが<がん克服>のカギ
インタビュー 進行がんは「免疫」で治す 第1回 昭和大学教授 角田卓也

<第4の治療>として注目されている「がん免疫療法」。がん免疫療法の最前線で研究を続けてきたエキスパートである昭和大学の角田卓也教授に、その種類と効果、実績などを元に、一般の人が「正しく治療法を選ぶための知識」について訊いた。

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

滋賀医科大学社会医学講座(法医学)教授、京都府立…

一杉正仁

大阪市内のクリニック勤務。1987年 産業医科大…

吉田尚弘