呼吸だけでもインフルエンザに感染! ウイルスの空気感染を防ぐには「強制帰宅」?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
呼吸だけでもインフルエンザに感染! ウイルスの空気感染を防ぐには「強制帰宅」?の画像1

インフルエンザ感染者が呼吸するだけでも、同じ部屋内にいる人にも空気感染!(depositphotos.com)

 インフルエンザ感染者が単に呼吸するだけでも、ウイルスは周囲に拡散し、同じ部屋内にいる人にも「空気感染」してしまう。その可能性は予想以上に高いことが判明した――。

 あまりにも日常的な光景(要因)であるぶん、その衝撃が計り知れない最新知見が、目下、インフルエンザの猛威席捲中の米国から届いた。

 『Proceedings of the National Academy of Sciences (PNAS)』(1月18日オンライン版)に載った、米メリーランド大学のDonald Milton教授(環境衛生学)らのによる研究報告である。

飛沫感染と接触感染だけではなかった

 インフルエンザの主な感染経路に関してはこれまで、①飛沫感染(感染者の咳やくしゃみで飛び散ったしぶき(ウイルスを含む)を吸い込むことで感染する場合)と②接触感染(ウィルスが付着したものを触れることで感染する場合)の2点であるとされてきた。

 たとえば、昨年12月23日掲載の過去記事(インフルエンザの家庭内感染を防げ! 秘策は「アルコール除菌」でウイルスを99.9%除去)の中で、芝大門いまづクリニックの今津嘉宏院長はこんなコメントを寄せていた。

 「インフルエンザ対策としてマスク着用のマナーが浸透し、飛沫感染についての意識は高まっている。一方、接触感染、空気感染についてはまだまだ不十分」

 それゆえに、家庭内予防としては「手洗い・うがい」に加え「『アルコール除菌拭きを習慣化』できると良い」と、今津院長は推奨。その詳細は記事を再読してもらうとして、今回の最新知見は、同院長の危惧を実験で裏付けた衝撃的なものといえる。

感染者と一緒の空気を吸うだけで「空気感染」はありうる

 Milton教授らは、インフルエンザ患者142人の協力を得て、次のような実験で先の結論を導いた。被験者全員に対し、発症から1~3日目の条件下で、次の4点の呼気サンプルを集めてもらった。

①いつもどおりの呼吸をしている際の呼気

②人と話している時の呼気

③自分が咳をした際の呼気

④くしゃみに見舞われた時の呼気

 患者協力の結果、計218サンプルが採取できた。それらをリアルタイムPCR法による遺伝子検査で厳正解析したところ、次のような現象が検出されたそうだ。

●「咳が出ていない」状態で採取された呼気(23サンプル)中の48%(11サンプル)で、インフルエンザウイルスが検出された。

●感染力を有するインフルエンザウイルスを、イヌ腎臓由来細胞を用いて培養し、その量を測定した結果、11サンプル中の8サンプルにおいて感染力のあるウイルスが確認された。
 
 こうした検出結果から導かれた新たな知見が、「たとえ咳が出ていない状況下でもインフルエンザウイルスの含まれるエアロゾル(空気中に浮遊する粒子)は発生しうる」というもの。

 要は同じ室内で感染者と一緒の空気を吸っているだけでも、十分にウイルスの「空気感染」はありうるというわけだ。

離島での事業継続と都市型のドミナント戦略の共存で急成長の訪問看護ST
インタビュー「訪問看護ステーション」後編:Recovery International株式会社代表・大河原峻さん

前編『自由な発想で事業を拡大!看護師が起業した「訪問看護ステーション」の成長の秘訣』
訪問看護の業界において、これまでの訪問看護の枠に囚われない自由な発想で事業を拡大し急成長を遂げている訪問看護ステーション「Recovery International株式会社」。同社を運営する河原峻氏に、今回は同社が進める離島での訪問看護事業、今後のビジョンなどについて話を聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

つつみ病理相談所http://pathos223…

堤寛