くしゃみを我慢しようとしたら喉の奥が破裂して重体に…くしゃみは我慢するな!

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「くしゃみ」は我慢するな! 鼻をつまんで口を閉じたら「喉の後部が破裂」して重体に……の画像1

くしゃみの瞬間、鼻をつまんで口を閉じたら「喉の後部が破裂」して重体に……(depositphotos.com)

 くしゃみが出そうな時は、我慢しないほうが良いかもしれない。くしゃみを我慢しようと鼻をつまみ口を閉じたところ、喉の奥が破裂して、会話や飲食も困難になった男性がいるという――。

 英レスター大学病院NHSトラスト耳鼻咽喉・頭頸部外科のWanding Yang氏らは、くしゃみを抑えると、喉の裂傷や鼓膜の損傷、脳血管の破裂などを引き起こす可能性があるとする研究成果を、英医学誌『BMJ Case Reports』1月15日オンライン版に発表した(「HealthDay News」2018年1月16日)。

くしゃみを我慢するため鼻をつまんで口を閉じたら大惨事に

 Yang氏らの症例報告によると、34歳の英国人男性は、Yang氏らの病院の救急科を受診するまでは健康だったが、受診時、喉の痛みと声の異常を訴えた。

 患者は「くしゃみを我慢するため、鼻をつまんで口を閉じたところ、首のあたりでポンと音を立てて破裂したような感覚があった」と説明したという。

 救急科の医師らが患者をCAT(コンピューター断層撮影)のスキャン画像で診断すると、抑制されたくしゃみの力によって、喉の後部が破裂し、首から胸にかけて空気がポンとはじける音やパチパチと響く音が聞こえ、胸の深部組織や筋肉まで気泡が入り込んでいた。

 患者は、7日間入院し、喉の腫れと痛みが軽減するまで鼻に入れたチューブから栄養剤を投与する経腸栄養が行われ、抗菌薬が静脈投与された。その後、患者は医師から「くしゃみを我慢しないように」という忠告を受け、無事に退院した。

 Yang氏らによると、外傷によって喉の奥が破裂する場合を除けば、喉の奥が破裂するのは稀だ。ただ、くしゃみだけでなく、嘔吐やひどい咳によって破裂する可能性も否定できない。

 また、くしゃみを抑えれば、喉の奥の破裂だけでなく、両肺の間に空気が貯留する縦隔気腫や、鼓膜の損傷、脳動脈瘤の破裂などの危険もある。そのためYang氏らは「鼻腔と口を塞いでくしゃみを抑えるのは危険な行為だ」と警鐘を鳴らしている。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆