「病気一般」の記事一覧

<性差医療>っていったい何? 心筋梗塞や動脈硬化でも男女で症状に違いがある!

「性差医療」という言葉を聞いたことがあるだろうか? 実は、病気の発症やメカニズムには、男女で大きな差がある。婦人科系疾患などはもちろん、例えば心筋梗塞や動脈硬化など、男女共通の臓器でこれまであまり性差が考慮されてこなかった疾患でも、病態に性差があることがわかってきている…続きを読む

<性差医療>っていったい何? 心筋梗塞や動脈硬化でも男女で症状に違いがある!

日本人の2割が「骨粗鬆症」患者+予備軍! 実は骨折後の死亡率は男性が高かった!!

骨粗鬆症に関連する骨折後の死亡率は「男性のほうが女性よりも高い」――米カリフォルニア大学サンフランシスコ校(UCSF)助教授で整形外科医のAlan Zhang氏らの報告でわかった。 骨粗鬆症とは、骨の化学的組成に異常はないものの、単位容積当たりの骨質量が減少し、骨が粗く…続きを読む

日本人の2割が「骨粗鬆症」患者+予備軍! 実は骨折後の死亡率は男性が高かった!!

小児慢性特定疾病の「ハンター症候群」とは? 新生児の約7700人に1人が発症!

人民蜂起によるロシア革命がソビエトの荒涼たる大地を揺るがした1917年――。その余波はイギリスの医療界にも及んだ。1873年生まれの内科医師チャールズ・A・ハンターは、「ムコ多糖代謝異常症(MPS II型)」の稀症例を内科学会に初報告。まさに革命的な臨床所見のプレゼンだった…続きを読む

小児慢性特定疾病の「ハンター症候群」とは? 新生児の約7700人に1人が発症!
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆