シリーズ「窃盗症(クレプトマニア)という病」第4回

窃盗症(クレプトマニア)の患者の行く末は……逮捕された2割が離婚する現実

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
窃盗症(クレプトマニア)の患者の行く末は……逮捕された2割が離婚する現実の画像1

窃盗症(クレプトマニア)の患者を持った家族は?(depositphotos.com)

  「ものを盗む」という衝動に逆らうことができず、窃盗を繰り返してしまうという病気「窃盗症(クレプトマニア)」――。

 東京都が2017年3月に発表した調査『高齢者による万引きに関する報告書』によれば、特に高齢者の万引きが年々増加しており、2010年には高齢者が約2割だったものが、2016年には3割に増加。

 さらに、再犯率も高く、万引きで捕まった高齢者のうち58.7%が過去に万引きを含む犯歴があったという。

 これまで本サイトでは3回にわたり、窃盗症(クレプトマニア)の概要や治療法についてお伝えしてきたが「その問題に巻き込まれる家族」には触れてこなかった。

「窃盗症(クレプトマニア)の多くが高齢女性! やめられない『快感』の原因は『孤独』」「窃盗症(クレプトマニア)は『生活苦』と無関係! ふとしたことで<万引き依存>に」「万引き、窃盗症(クレプトマニア)の治療~すべての依存症に共通の『再発』2大リスク」

 では、自分の家族や親しい人が窃盗症(クレプトマニア)となった場合、どう対応していくべきか? 

 東京都内で唯一窃盗症(クレプトマニア)の患者のための専門外来がある大森榎本クリニック(東京都大田区)の精神保健福祉士・社会福祉士である斉藤章佳氏に、窃盗症(クレプトマニア)の患者家族の現状や、突然その立場になったときの対応について訊いた。

配偶者がいても「身元引き受け人」を実家の親・兄弟に求める患者たち

 「『日常性の喪失』――。これは私がいつも窃盗症(クレプトマニア)の患者家族の方々に逮捕時の気持ちを説明し、振り返ってもらうときに使う言葉です。患者の家族は、彼らが捕まったときに、初めてその人が万引きをしていたことを知ることがほとんどです」

 「まさに青天の霹靂ですが、確かに夫や妻の細かい買物や持ち物など、把握していないのが普通ですから、それもある意味当然です」
 もっとも、配偶者がいる患者の場合では、最初から身元引き受け人として配偶者を呼ぶよりも、本人の希望で実家の兄弟や親が呼ばれるケースが多いそうだ。

 配偶者を呼ぶと配偶者の親族にまで話が及ぶことと、もし知られたら離婚されてしまうのではないかという強い不安感があるからだという。それだけに、何回か逮捕を繰り返していよいよ配偶者が呼ばれた時、配偶者は今までくり返していた事実に一層驚くことになる。
 
 「いちばん家族が理解できないのは、経済的に困窮しているわけでもないのに、なぜ捕まる危険を犯してまで数百円~数千円の品物を盗むのかということです。窃盗症(クレプトマニア)の患者の特徴として、お金がないことが犯行の理由ではない――ことが挙げられます」

 本人としては、ほとんど無意識のうちに商品をカバンやポケットに入れて持ち出しているケースもあるというから厄介だ。

 「昨日まで普通の生活をしていた家族が、突然の逮捕によって『日常性を喪失』し次にさらされるのが、『周囲のまなざしの意識化』です。家族が逮捕されることで、そのことが周囲に知られてしまっているのではないかと、自分をとりまく視線が気になり始めます」

 「街中で顔見知りの奥さん同士が立ち話をしていても、自分たち家族のことを話しているのではないかと思ってしまったり、新聞やインターネット、SNSに名前や住所が載っているのではないかと過剰に気になります」

 「ひどい場合は、誰かが後をつけて来てるのではないかと被害的になったり、抑うつ状態や不眠で精神科を受診するケースも珍しくありません。実際には、警察官や官僚など公務員のような特定の職業の人以外は、万引きで新聞に載ることはほとんどないのですが」

里中高志(さとなか・たかし)

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年生まれ。早稲田大学第一文学部卒。大正大学大学院宗教学専攻修了。精神保健福祉ジャーナリストとして『サイゾー』『新潮45』などで執筆。メンタルヘルスと宗教を得意分野とする。著書に精神障害者の就労の現状をルポした『精神障害者枠で働く』(中央法規出版)がある。

里中高志の記事一覧

里中高志
睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆