「ねこ背」治しの矯正グッズには効果なし! 「骨盤」へのアプローチが重要

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
注:「ねこ背」治しの矯正グッズには効果なし!「骨盤」へのアプローチが重要の画像1

「ねこ背」は「骨盤」で治す(depositphotos.com)

 ねこ背ベルト、ねこ背治しサポーター、背すじ補正下着……。さまざまなグッズが発売されていることからも、「ねこ背を治したい!」というニーズの高さはわかるだろう。

 その理由として考えられるのが、肩こりや首の痛み、腰痛が、ねこ背で引き起こされていることだ。スマートフォンの操作やパソコン作業で前かがみの姿勢を続け、ねこ背の人が増えているのが現状だ。つらい症状をなんとかしたくて、ねこ背を治したい人が多いのだろう。

 もう一つの理由が、ねこ背だと年を取って見られるようになるから。背中が丸まっているだけで10歳は老けた印象になってしまう。

 「健康」と「美容」の両面でねこ背を気にする人は少なくない。ただ、丸まった背中をグッズで強制的に治そうとしても効果はないと、『ねこ背は10秒で治せる!』(マキノ出版)の著者である小林篤史氏(柔道整復師、鍼灸師、あん摩マッサージ指圧師)は語る。

 「こうしたグッズが効かないのは、ねこ背の原因が背中にはないからです。大本の原因は骨盤です」

 ねこ背を専門に扱う治療家として、およそ2万人のねこ背の治療を行ってきた小林氏に、ねこ背の治し方について話を聞いた。

背骨の土台である「骨盤」を修正することが大事

 背骨に連結し、背骨を支えているのが「骨盤」だ。骨盤の周囲は背骨を支える筋肉や足を持ち上げる筋肉など、多くの筋肉で取り囲まれている。これらの筋肉の一部だけがこわばって縮むと、骨盤が傾いてくるのだ。

 小林氏によれば、骨盤周囲の筋肉のバランスを崩す要因として次のものがある。

○仕事の影響(パソコン作業など)
○体の使い方の癖
○運動不足
○加齢による筋力低下
○心理的要因(自信がないなど)

 筋肉のバランスが崩れて骨盤が前に傾けば、腰が反り、胸の部分の背骨が後ろに曲がって、あごが上がる。骨盤が後ろに傾けば、背骨が全体的に丸まって、肩が前に出てくる。

 「このように、ねこ背の特徴的な変化は、骨盤が前や後ろに傾いているから生じているのです。ですから、背骨の土台となっている骨盤を修正することが大事なのです」

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

一般社団法人日本薬業研修センター漢方講座執筆・編…

笹尾真波

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆