シリーズ「窃盗症(クレプトマニア)という病」第3回

万引き、窃盗症(クレプトマニア)の治療~すべての依存症に共通の「再発」2大リスク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
万引き、窃盗症(クレプトマニア)の治療~すべての依存症に共通の「再発」2大リスクの画像1

窃盗症(クレプトマニア)の治療法は?(depositphotos.com)

 「物を盗もうとする衝動に抵抗できなくなる」という病気である「窃盗症(クレプトマニア)」――。

 これまで「万引き問題」は、「犯罪」と「刑罰」という視点でのみ捉えられることが多かった。しかし、これからは「疾患」と「治療」という医学的観点で取り扱うことも重要になってくるかもしれない。

 大森榎本クリニック(東京都)は、都内で唯一、窃盗症(クレプトマニア)の専門外来が設けられている。そこではどのような治療が行なわれているのだろか? 同クリニックの精神保健福祉士・社会福祉士の斉藤章佳氏に話を訊く。

薬物依存症のプログラム「SMARPP」を参考に

 「当クリニックで行っているのは、<認知行動療法>を中心としたワークブックを使ったプログラムです。12セッションで1クール(半年間)、内容は『再発の予測と防止』と『リスクマネジメント』が中心です」

 そのプログラムで参考に用いたのが「SMARPP」。国立精神・神経医療研究センターの松本俊彦氏が薬物依存症患者を対象に考案したプログラムだ(参考:薬物依存で<人里離れた施設に隔離>は古い?~街中でも治療可能な「SMARPP=スマープ」http://healthpress.jp/2016/11/smarpp.html)。

 「当院のクレプトマニアの治療プログラムは、まず<万引きをする引き金>や<万引きのリスクや衝動への対処>などを具体的に検討します。最後に再発防止計画(リスクマネジメントプラン)を作り、患者そしてその家族と共有します」(斉藤氏)

 治療プログラムに加えて、患者にとって大きなメリットは「同じ問題を抱えた仲間が集う居場所がある」というとだ。「孤独」が引き金となって始まりやすい窃盗症(クレプトマニア)にとって大切なことなのだ。

 通院パターンは、週に6回もあれば3回、あるいは1回など再発リスクに応じてさまざまだが、<通院>という習慣を変える行動そのものも治療のひとつに違いない。実はさまざまな依存症に共通する再発の2大リスクがある。

里中高志(さとなか・たかし)

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年生まれ。早稲田大学第一文学部卒。大正大学大学院宗教学専攻修了。精神保健福祉ジャーナリストとして『サイゾー』『新潮45』などで執筆。メンタルヘルスと宗教を得意分野とする。著書に精神障害者の就労の現状をルポした『精神障害者枠で働く』(中央法規出版)がある。

里中高志の記事一覧

里中高志
難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆