腸内細菌を徹底解剖 第12回

腸内細菌は約300種類、約100兆個以上!  腸内フローラの役割は何?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
chounaisaikin12.jpg

腸内細菌の集まりが「腸内細菌叢(腸内フローラ、マイクロバイオーム)」だshutterstock.com

 宇宙が誕生して138億年、太陽は50億年、地球は46億年。原始生命体が地球に出現<て約38億年――。過酷な環境をものともせず、原始生命体は進化を遂げ、夥しい微生物群が繁殖して生息圏を広げた。

 しかし、約27億年前、原始地球の生態系がついに激変する。原始地球の大気を「嫌気性」から「好気性」に切り替える微生物が突如、姿を見せた。酸素呼吸するシアノバクテリアが原始地球の覇者となった瞬間だ。それは、低温・高温・低圧・高圧の極限的環境でも生き延びる、まさに微生物群のビッグバンだった。こうして原始地球が生命を生み、生命は地球環境を進化させつつ、地球の生態系が形成されてきた。

 現在、地球上で確認されている生物は175万種。微生物(細菌、菌類、ウイルス、藻類、アメーバやゾウリムシなどの原生動物)は17万種。10の30乗個の常在細菌、ヒトの唾液1ml中に1000 億個の口腔細菌が生存する。先進のバイオテクノロジーをもってしても、科学的に解明できる微生物はわずか約5000種。未だ人知が及ばない微生物は、およそ50億種に上ると推定される。

腸内細菌は約300種類、約100兆個以

 ヒトの胎児は、母体内でおよそ1年間、微生物が存在しない無菌状態だ。しかし、生まれた瞬間に、産道、離乳食などの外的環境に触れると、微生物が新生児の口腔や肛門などから侵入する。感染した微生物の一部は、皮膚表面、口腔内、胃腸などの消化管内に定着し、それぞれの定位置を支配する常在細菌となる。

 ヒトの体内には、600兆個を超える常在細菌が、皮膚、口腔、鼻腔、泌尿生殖器に棲みついている。 皮膚なら、頭皮、顔、胸、背中、腕、脇、足、腋の下などに、ブドウ球菌属、シュードモナス属、ストレプトコッカス属などの常在細菌が、1cm四方当たり平均100万個も生息する。

 これらの常在細菌の中で、最も重要な生体制御に関わっているのが腸内細菌だ。腸は約300種類、およそ100兆個以上、大きさ1000分の1mm、重量1〜1.5kgの腸内細菌が棲みつく大宇宙だ。100兆個はヒトの細胞数60兆個よりも多い。

 腸のうち、十二指腸や小腸上部は、強酸性(pH1〜1.5)の胃酸の影響で細菌数が少ないが、腸の下部に行くほど細菌数が増え、大腸や直腸は、細菌数がほぼ一定に保たれている。

 ヒトの糞便の3分の1は腸内細菌で、 糞便1g当たり10億~1000億個もの腸内細菌が棲みつく。大腸内は、窒素、二酸化炭素、水素、メタンガスが充満した、酸素が稀少な嫌気性環境。クロストリジウム属、バクテロイデス属、ユウバクテリウム属、ビフィドバクテリウム属などが棲息する。腸内細菌は、絶えず増殖を繰り返しつつ、競合し合いながら、複雑な生態系を構築している。

腸内フローラの役割は何か?

睡眠障害治療の新たな幕開け!個人に必要な睡眠の「量」と「質」を決める遺伝子を探せ
インタビュー「睡眠障害治療の最前線」後編:筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構・佐藤誠教授

前編『『人間の「脳」は7時間程度の睡眠が必要! 本当のショートスリーパーは100人に1人程度!?』』

ひとくちに睡眠障害といっても、さまざまな症状がある。1990年代後半から脳内に眠気を誘う「睡眠物質」を探す研究にスポットライトが当たり、2018年からは睡眠の質と量を決める遺伝子の解析も進められている。今回は睡眠障害について、筑波大学国際統合睡眠医科学研究機構の佐藤誠教授に話しを聞いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫