腸内細菌を徹底解剖 第11回

排便記録アプリ「うんコレ」も開発! エンジニアやデザイナーが立ち上げた「日本うんこ学会」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
unkore.jpg

排便記録アプリ「うんコレ」は、大腸がんの検診普及と毎日の排便観察をスマホゲームだ(「うんコレ」公式HPより

日本うんこ学会......? ウ〜ン......?

 初耳の人が多いかもしれない。日本うんこ学会のHPを見ると、その理念をはっきりと高らかに唱っている。

①正しいうんこの知識を普及させ、大腸の健康度の向上をめざす。
②「先生、うんこに行ってきます!」が自然と言える社会を目めざす。

 ウ〜ン! では、どんな活動をしているのだろう。

「うんコレ」で、大腸がんを予防しよう!

 平成15年度の厚労省のデータによれば、1万人が検便をすると17人に大腸がんが見つかる。検診率は30%にも満たないので、実数は数倍になるだろう。日本で年間約4万人が死亡する大腸がん。血便が出る、便が細い、下痢と便秘を繰り返す、残便感がある。そんな症状があれば、早急に検診を受けるべきだ。

 しかし、従来の検診の普及活動は、北風と太陽にたとえると、北風作戦だった。つまり、大腸がんに罹る恐ろしさを伝え、恐怖心に訴えてきた。日本うんこ学会は、「うんこを報告することが楽しい!」と感じる太陽作戦による検診普及をめざしている。そのゴールは、大腸の検診率を上げ、大腸がんの早期予防を実現すること。そのために必要な、うんこ観察のハードルを下げることが最大の目標だ。

「うんコレ」って何?

 排便記録アプリ「うんコレ」は、大腸がんの検診普及と毎日の排便観察を目的としたスマホゲームだ。大腸がん検診は、堅苦しく怖いイメージが強い。自分のうんこにもっと興味をもってほしい。うんこを観察して、大腸がんを発見してほしい。そんな呼びかけに手を上げたエンジニアやデザイナーが立ち上げた日本うんこ学会によって制作された。

 毎日の排便観察が大腸がん予防に重要であることは分かった。だが、余程のスカトロジストでもない限り、毎日排便を観察して記録するのは、かなり苦痛ではないか? どうすれば、苦痛でなく、楽しく排便記録をつけられるのか? 苦痛でつまらないことを持続すれば、意識が変わり、行動につながる。うんこに興味を持ち、検診を受ける行動変容を起こすには、どのようなアプローチ方法があるのだろうか?

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇

精神保健福祉士。フリージャーナリスト。1977年…

里中高志

医療法人社団 三喜会 理事長、鶴巻温泉病院院長。…

鈴木龍太