腸内細菌を徹底解剖 第11回

排便記録アプリ「うんコレ」も開発! エンジニアやデザイナーが立ち上げた「日本うんこ学会」とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
unkore.jpg

排便記録アプリ「うんコレ」は、大腸がんの検診普及と毎日の排便観察をスマホゲームだ(「うんコレ」公式HPより

日本うんこ学会......? ウ〜ン......?

 初耳の人が多いかもしれない。日本うんこ学会のHPを見ると、その理念をはっきりと高らかに唱っている。

①正しいうんこの知識を普及させ、大腸の健康度の向上をめざす。
②「先生、うんこに行ってきます!」が自然と言える社会を目めざす。

 ウ〜ン! では、どんな活動をしているのだろう。

「うんコレ」で、大腸がんを予防しよう!

 平成15年度の厚労省のデータによれば、1万人が検便をすると17人に大腸がんが見つかる。検診率は30%にも満たないので、実数は数倍になるだろう。日本で年間約4万人が死亡する大腸がん。血便が出る、便が細い、下痢と便秘を繰り返す、残便感がある。そんな症状があれば、早急に検診を受けるべきだ。

 しかし、従来の検診の普及活動は、北風と太陽にたとえると、北風作戦だった。つまり、大腸がんに罹る恐ろしさを伝え、恐怖心に訴えてきた。日本うんこ学会は、「うんこを報告することが楽しい!」と感じる太陽作戦による検診普及をめざしている。そのゴールは、大腸の検診率を上げ、大腸がんの早期予防を実現すること。そのために必要な、うんこ観察のハードルを下げることが最大の目標だ。

「うんコレ」って何?

 排便記録アプリ「うんコレ」は、大腸がんの検診普及と毎日の排便観察を目的としたスマホゲームだ。大腸がん検診は、堅苦しく怖いイメージが強い。自分のうんこにもっと興味をもってほしい。うんこを観察して、大腸がんを発見してほしい。そんな呼びかけに手を上げたエンジニアやデザイナーが立ち上げた日本うんこ学会によって制作された。

 毎日の排便観察が大腸がん予防に重要であることは分かった。だが、余程のスカトロジストでもない限り、毎日排便を観察して記録するのは、かなり苦痛ではないか? どうすれば、苦痛でなく、楽しく排便記録をつけられるのか? 苦痛でつまらないことを持続すれば、意識が変わり、行動につながる。うんこに興味を持ち、検診を受ける行動変容を起こすには、どのようなアプローチ方法があるのだろうか?

脳卒中後遺症の「リハジム」のコンセプトとは?保険適応外だが富裕層のための施設ではない
インタビュー「脳卒中後遺症の機能回復・再発予防専門のジム」後編:株式会社P3代表・中村尚人(理学療法士)

前編『脳卒中の後遺症 機能回復・再発予防専門トレーニング「リハジム」とは?』

脳卒中後遺症の方のための機能回復・再発予防専門トレーニングをメインとした、まったく新しいコンセプトのジム「リハジム」がオープンした。この施設を運営する学療法士で株式会社p3の代表も務める中村尚人氏に、前回に引き続き今後の展望について話を訊いた。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

神戸市垂水区 名谷病院 内科勤務。1987年 産…

吉田尚弘

広島大学名誉教授。1941年、広島市生まれ。広島…

難波紘二

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆