「貧血」をあなどるな! 現役の血液内科医も症状からは自己診断できなかった!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
4338941.jpg

単なるめまいや立ちくらみは「貧血」の典型的な症状ではない(shutterstock.com)

 貧血という病名をきいたとき、みなさんはどのような症状を思い浮かべるでしょう。

 貧血は、血色素(ヘモグロビン=Hb)の値が減ってしまっている状態です。なんらかの原因で赤血球をうまく作れなくなってしまった状態で、一般的には、10〜40代の女性に多い鉄欠乏性貧血がよく知られています。男性でも中高生やアスリートではよく見られる病気ですし、高齢者でも貧血の原因としてがんが見つかるという話はよくあります。材料である鉄分が不足することで起こる貧血は、実は身近な病気なのです。

 しかし、クリニックで内科外来をしていると、立ちくらみやめまいの症状を「貧血」と思っている方が多いことに気づきます。たとえば、「通勤電車の中で貧血を起こした」とか「たちくらみを起こして、血の気がひいて倒れた」と言ってくる方がいます。もちろん体調不良のサインの一つではありますが、これらはいわゆる「脳貧血」と言われる、起立性低血圧などの血圧の調節障害の症状であり、貧血の典型的な症状ではありません。

 では、実際に貧血になったとき、どのような症状が出るのか、ある女性患者さんの場合を見てみましょう。

貧血の原因は子宮筋腫だった

 中肉中背、好き嫌いなくしっかり食べるタイプ、花粉症以外は目立った持病はありません。月経痛が強かったものの鎮痛剤を飲めば仕事をすることはできており、月3回程度の夜勤もこなせる体力はありました。健康診断で異常を指摘されたことはなく、貧血の既往もありませんでした。

 ある年の秋に職場を異動した頃から、毎日が疲れやすいと感じるようになってきました。疲れているのに、夜中に目が覚めたり、早朝に一度目が覚めたりと、眠りが浅くなったと感じるようになりました。最初は、21時までの勤務で生活リズムがずれたせいや、緊張感による疲れもあるのだろうと考えて様子をみていましたが、そのうち、平日の朝は出勤のギリギリまで寝たり昼の休憩時間も仮眠を取ったりしているにもかかわらず、だるさと身体の重さが抜けなくなってきてしまいました。土日も疲れが残っているため、少なくとも週末の1日は家で休んでいるようになり、それまで通っていたジムも、自然と足が遠のいてきました。

 異動から4〜5ヶ月経つ頃には、通勤の移動でも疲れを感じ、地下鉄の階段をあがるのが億劫になってエスカレーターばかり使うようになっていることを自覚しはじめました。手足のむくみ感もあり、長い距離を歩くのが少し億劫になっていました。しばらく運動もしなくなっていたので、年齢的に筋力や体力が落ちるというのはこういうことなのかと思って、食事に気を付けたり、整体にいったりしていました。

 この頃、月経痛がさらにひどくなり出血が多くなってきており、婦人科を受診しましたが、エコー検査では出血原因になりそうな筋腫はないので年齢的な変化かもしれないと言われました。その説明に「それは違う気がする」と半信半疑ながらも様子をみていたところ、さらに尋常でない月経出血があり、それを知った同僚から促されて3ヶ月後に婦人科を再受診し、やはり子宮筋腫による月経過多であることが確認されました。

 ここで、はじめて、ずっと続いていた疲労感が貧血だったのではないかと思い当たり、採血をしたところ、血色素8.5 g/dL(通常は13 g/dL 前後)とかなり進行した鉄欠乏性貧血であるという診断がつきました。

 ここまで約1年の経過があったのですが、たちくらみやめまいといった症状は全くありません。しいて言えば「本調子ではない」「なんとなく疲れている」といった「いかにも病気っぽい状態ではないが、不健康と感じる状態」とでした。

症状の大部分が貧血の影響だった

若年性更年期障害を発症しても妊娠できる!? 大切なのは卵巣機能低下の予防法を知ること
インタビュー「若年性更年期障害」第3回 ポートサイド女性総合クリニック「ビバリータ」院長・清水なほみ医師

第1回:まさか20〜30代で更年期障害!?
第2回:20〜30代の「更年期障害」の治療法は?
更年期障害といえば40代後半から50代の病気と思われがちだが、20〜30代で同様の症状が現れる「若年性更年期障害」の患者も増えている。

藤田保健衛生大学医学部第一病理学教授。慶應義塾大…

堤寛

日本中毒学会評議員(同学会クリニカルトキシコロジ…

横山隆

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫