連載「更年期をのりこえよう!」第14回

「立つ」「歩く」など運動機能の維持が「健康寿命」を延ばす

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
390530-2.jpg

ロコモになると運動機能に支障が(shutterstock.com)

 皆さんは「ロコモ」という言葉を耳にしたことがあるだろうか?「ロコモ」とはロコモティブシンドローム(Locomotive Syndrome)の略で、和訳すると「運動器症候群」である。2007年に日本整形外科学会が、超高齢化社会において運動器の健康を保つ重要性がますます高まると考え、この概念を提唱したのが始まりだ。

 ロコモとは「運動器の障害により移動機能の低下した状態」と定義され、具体的には、骨、関節、軟骨、椎間板、筋肉、神経系などの運動器に生じる障害によって、「立つ」「歩く」という日常生活に支障を来した状態を指す。

 ロコモティブ(Locomotive)とは英語で「運動の」という意味だが、「継続的な応援」というニュアンスも含まれていて、年齢を経ることに否定的な意味合いを持ち込まないように、この言葉を選んだとされる。運動器の健康は人間の健康の根幹であるという考えがその背景にある。

 平均寿命が80歳を超える日本において、運動器を寿命まで健康に保つことは非常に難しくなってきている。人間が運動器をこれほど長期間使用し続ける時代はこれまでになかったからだ。人類が経験したことのない超高齢化社会を見据えて、運動器を長持ちさせて、いつまでも元気に自分の足で歩ける「健康寿命」を延ばしていくことの重要性は、いくら説いても足りないほどだ。

 「健康寿命」とは、「健康上の問題で日常生活が制限されることなく生活できる期間」を示し、現在は「平均寿命」と約10年間の差があるとされる。

 2013年度の国民生活基礎調査によると、要支援・要介護の主な原因は、脳血管疾患18.5%、認知症15.8%、高齢による衰弱13.4%、骨折・転倒11.8%、関節疾患10.9%、脊髄損傷2.3%となっている。骨折・転倒、関節疾患、脊髄損傷を合わせて運動器疾患とすると合計25.0%となり、運動器疾患は要支援・要介護の原因の第1位に躍り出る。

宮沢あゆみ(みやざわ・あゆみ)

あゆみクリニック院長。早稲田大学卒業後、TBSに入社し、報道局政治経済部初の女性記者として首相官邸、野党、国会、各省庁を担当。外信部へ移り国際情勢担当。バルセロナオリンピック特派員。この間、報道情報番組のディレクター、プロデューサーを兼務。その後、東海大医学部に学士編入学。New York Medical College、Mount Sinai Medical Center、Beth Israel Medical Center へ留学。三井記念病院、都立墨東病院勤務などを経て「あゆみクリニック」を開業。働く女性に配慮して夜間や土曜も診療しており、思春期から更年期までの女性のトータルケアに力を入れている。
あゆみクリニック」完全予約制。診療日:月,火,木 11:00~14:00 17:00~20:00 土 11:00~16:00

宮沢あゆみの記事一覧

宮沢あゆみ
若年性更年期障害を発症しても妊娠できる!? 大切なのは卵巣機能低下の予防法を知ること
インタビュー「若年性更年期障害」第3回 ポートサイド女性総合クリニック「ビバリータ」院長・清水なほみ医師

第1回:まさか20〜30代で更年期障害!?
第2回:20〜30代の「更年期障害」の治療法は?
更年期障害といえば40代後半から50代の病気と思われがちだが、20〜30代で同様の症状が現れる「若年性更年期障害」の患者も増えている。

新宿大腸クリニック院長。1988年、東京大学医学…

後藤利夫

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

滋賀医科大学社会医学講座(法医学)教授、厚生労働…

一杉正仁