「人と関わる」ストレスが、あなたの脳を鍛える!将来の認知症を防ぐ「知的な負荷」

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
365534846.jpg

「人と関わる」負荷が脳を強化(shutterstock.com)

 他者との関わりが、人を成長させる――。「脳に負荷のかかる仕事」、とりわけ「人に関わる仕事」は、認知症予防の点で優位にある可能性が示された。

 なぜならば、知的機能に負荷のかかる職業に従事する人間は、アルツハイマー病に関連するとされる「脳病変」に対する耐性が高いからだという。

 この研究成果は、米ウィスコンシン大学アルツハイマー病研究センターのElizabeth Boots氏らが導き出した。
 
 研究は健常者284人(平均年齢60歳)の協力を得て、脳のMRI検査を実施。「ミニ脳卒中」で生じた、ごく小さな病変を示す脳内の明るい斑点(=高信号病変)を探した。この高信号病変(leukoaraiosis)は、アルツハイマー病に関連する身体症状のうち、3番目に多く見られるものだ。

 研究班はさらに、被験者らの記憶力や問題解決能力を検査し、各自の職歴も調べた。すると、脳の病変が多い人たちの中でも、「人との交流が多い仕事」に就いていた層のほうが、思考や推論を行う能力を維持できている傾向が分かった。

脳と筋肉は使えば使うほど<伸びる>

 これについてBoots氏は、こうコメントしている。「人間は、モノやデータ類よりも複雑な存在だ。機械を用いた仕事やデータ作業などに比べて、人との交流がより多い職業のほうが、はるかに知能を必要とする」

 そして、研究者のひとりが、次のように補足する。

「人との交流がある協働作業の場合、リアルタイムに生じる物事に対応するために、多くの知力が必要とされる」「脳は筋肉と同じで、使えば使うほど発達する。その発達に応じて、損傷の蓄積にも耐えられるようになるものだ」

 彼らの研究成果は、カナダ・トロントで開催された「アルツハイマー病協会会議(AAIC)」で発表された。ただし、この知見は査読を受けて医学誌に掲載されるまでは、予備的なものとみなされる。

胃の不快感の多くは実は「機能性ディスペプシア」という病気
日本初の『胃弱外来』開設」後編:巣鴨駅前胃腸内科クリニック・神谷雄介院長

前編『大病院を転々した末にたどり着く「胃弱外来」 初診から約1カ月で8割の患者の症状が改善』

胃痛やもたれ、むかつきなどの症状があっても、検査の結果異常がないと診断され悩みを抱える患者さんが少なくない。こうした胃の悩みを抱える人たちのために開設したのが胃弱外来。患者さんの多くは新しく認知された『機能性ディスペプシア』や『胃食道逆流炎症』などの疾患だ。その具体的な治療法について話を伺った。

Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

くにたち駅前眼科クリニック院長。1986年、東京…

高橋現一郎

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

フィットネスアドバイザー。JT東京男子バレーボー…

村上勇