シリーズ「クスリのリスク」 第2回

虫刺され薬の「ムヒS」と「液体ムヒS」には大きな違いが!ステロイド剤との正しい付き合い方とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
虫刺されに効く「ムヒS」と「液体ムヒS」には大きな違いが!ステロイド剤との正しい付き合い方の画像1

「ムヒS」と「液体ムヒS」には大きな違いが(画像は池田模範堂のHPより)

 夏に最も家庭で大活躍した薬、それは虫刺され薬ではなかったでしょうか? 虫に刺された時の薬といえば、誰もが初めに頭によぎるのは「ムヒ(muhi)」(池田模範堂)だと思います。

 突然ですが、「ムヒS」と「液体ムヒS」の違いってご存知でしょうか?

 「そんなの知ってる」という方もいると思いますが、筆者が店頭で薬の相談を受けていた当時、その違いは「クリーム剤か液体剤かだけ」だと誤解していたお客さまが多くいたのも事実です。

「ムヒS」と「液体ムヒS」には大きな違いがある

 それぞれの配合成分を見てみましょう。添付文書には以下のように記されています。

●ムヒS:ジフェンヒドラミン1.0g、グリチルレチン酸0.3g、l-メントール5.0g、dl-カンフル1.0g、イソプロピルメチルフェノール0.1g

●液体ムヒS:デキサメタゾン酢酸エステル25mg、ジフェンヒドラミン2.0g、l-メントール3.5g、dl-カンフル1.0g、グリチルレチン酸0.2g、イソプロピルメチリフェノール0.1g

 どちらのムヒにも「ジフェンヒドラミン塩酸塩」という「痒み」を抑える「抗ヒスタミン成分」、「炎症」を抑える「グリチルレチン酸」が配合されています。

 しかし大きな違いは、液体ムヒSには「デキサメタゾン酢酸エステル」という「Weak(弱い)ランク」の「ステロイド剤」が配合されている点です(編注:ステロイド剤のランクは「Ⅰ群:Strongest(最強)」「Ⅱ群:Very Strong(とても強い)」「Ⅲ群:Strong(強い)」「Ⅳ群:Medium(普通)」「Ⅴ群:Weak(弱い)」に分類される)。そのため、液体ムヒSには「してはいけないこと」が書かれているのに対し、ムヒSにはそれがありません。

ステロイド剤を使う上で気をつけることは?

 ステロイド剤を使う上で気をつけることは「期間」と「使う部位・範囲」です。

 ステロイド剤が配合されている薬には、「してはいけないこと」の欄に必ず「長期連用しないこと」と書かれています。この「長期」はステロイド剤のランクに左右されます。

 液体ムヒSの場合は、同じ部位に使用する場合は「顔面で2週間以内」「その他の部位で4週間以内」と書かれています。なぜ使う部位によって期間が違うのか? それは部位によって吸収率が違ってくるためです。

 「腕」の吸収率を「1」とした場合、「頭皮」は3.5倍、「額」は6.5倍、「頬」は13倍、「首」は6倍、「拳」は0.83倍、「脇」は3.6倍、「背中」は1.7倍、「陰部」は42倍、「足首」は0.42倍、「足の裏」は0.14倍とされています。よく虫に刺される「腕」と「額」を比較した場合、2週間、同じように使うと、約13倍も薬剤の吸収率が違ってくるということです。

 そもそも、ステロイド剤が配合されている虫刺され薬を使えば――ランクにもよりますが――、大抵は遅くとも1週間以内には治まるはずなので、2週間を超えても治らないということは一般用医薬品(OTC医薬品)の域を超えています。

 お子様にもステロイド剤を使っても良いかですが、目安(市販薬の場合)としては、生後6ヵ月〜1歳の乳児は「Weak」 、1〜7歳の幼児は「Medium」 、7〜15歳の小児と成人は「Strong」 です。生後6ヵ月未満は使用不可、妊婦または妊娠していると思われる人は、使用前に薬剤師または登録販売者に相談となっています。

がんになってもあきらめない妊活・卵巣凍結 費用は卵巣摘出に約60万円、保管は年間10万円
インタビュー「がんでも妊娠をあきらめない・卵巣凍結」後編・京野廣一医師

がん患者への抗がん剤による化学療法は妊孕性(妊娠のしやすさ)を低下させる。がんにより妊娠が難しくなる患者を支援するため、2016年4月に「医療法人社団レディースクリニック京野」が、治療前に卵巣を凍結して保存しておく「HOPE(日本卵巣組織凍結保存センター)」を設立すると発表した――。医療法人社団レディースクリニック京野理事長の京野廣一医師に卵巣凍結の仕組みについて訊いた。
前編『「がん」になっても妊娠・出産をあきらめたくない女性のための「卵巣凍結」とは?』

フリージャーナリスト。1949年、東京都生れ。法…

郡司和夫

小笠原クリニック札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認…

横山隆

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真