スキンパッチ(貼り薬)で 腹部の脂肪が20%も縮小! マウス実験で確認

この記事のキーワード : 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スキンパッチ(貼り薬)で 腹部の脂肪が20%も縮小! マウス実験で確認の画像1

張るだけで肥満解消ができる!?(depositphotos.com)

  米コロンビア大学医療センターの研究グループは、脂肪を縮小させるスキンパッチ(貼り薬)の効果をマウス実験によって確認し、その研究成果を『ACS Nano』9月15日オンライン版』に発表した。

 発表によれば、このスキンパッチ(貼り薬)は、過剰なエネルギーをため込む性質がある白色脂肪細胞を、エネルギーを燃焼させる褐色脂肪細胞に変える褐色化(browning)を促す働きがある。

4週間で脂肪が20%減少

 褐色化を促す2種類の薬剤(ロシグリタゾンまたはβアドレナリン受容体作動薬のCL 316243)のスキンパッチを肥満のマウスの下腹部に貼ったところ、薬剤が含まれないスキンパッチを貼った肥満のマウスと比べ、4週間後に貼った部分の脂肪が20%減少した。スキンパッチは3日ごとに交換した。

 スキンパッチは1cm2ほどの大きさ。その表面に数10本の微細な針が空いている。この針から、肉眼で確認できない微小な直径約250nm(ナノメートル)のナノ粒子を充填した薬剤が経皮的に投与される仕組みだ。皮下組織で針が刺さっても痛みはほとんどない。

 同センター病理学・細胞生物学のLi Qiang氏によると、すでに同様の作用を有する経口薬や注射薬はあるものの、それらの薬剤は、全身に作用するため、消化器障害、体重増加、骨折などの副作用のリスクが強い。一方、スキンパッチは、直接脂肪組織に送り込まれるので、副作用が少ない。

 Qiang氏は「将来、スキンパッチは、腹部の脂肪を非侵襲的に減らす脂肪吸引法として有効になるだろう。だが、スキンパッチは、美容面のベネフィットよりも、肥満症や糖尿病などの安全かつ有効な治療法となる可能性が高い」と強調している。

難治性むちうち症からなぜ多くの不定愁訴がおきてしまうのか?
難治性のむちうち症を改善 後編 東京脳神経センター 整形外科・脊椎外科部長 川口浩医師

前編『画像診断できない難治性のむちうち症を独自の治療法で改善』

原因不明で治療法がなく多くの患者さんが回復をあきらめていた難治性のむちうち症。東京脳神経センターで進む独自の治療で、めまい、動機、吐き気などの全身症状やうつ症状などの不定愁訴が大幅に改善しているという。その具体的な成果についてお話を伺った。

nobiletin_amino_plus_bannar_300.jpg
Doctors marche アンダカシー
Doctors marche

医療法人社団 顕歯会 デンタルみつはし 理事長…

三橋純

近畿大学理工学部生命科学科ゲノム情報神経学准教授…

西郷和真

小笠原記念札幌病院腎臓内科。日本中毒学会認定クリ…

横山隆